JALのマイル(おともdeマイル)で沖縄に

 マイル貯めるといっても、飛行機乗らないとなかなかたまらないだろうなーって思っていた。3年前飛行機に乗る時から貯め始めて、あとは飛行機乗らずに貯めていたら、思った以上に貯まり香港へもマイルを使って。詳しくは子連れ香港ディズニーランド個人手配記。そして今回沖縄に行くことに。意外と貯まるものなのね。

 今後の記録のために書くので、マイルを貯めたい方、マイルを使って飛行機を手配してみたい方には参考になるかもしれないけど、興味がない方はスルーしてね。

 貯め方としては、JALカードでの支払い。JALカードを持っている方が飛行機に乗った時のマイルも多く貯まるので、夫婦それぞれもっていて、1枚はショッピングで2倍マイルが貯まるショッピングマイルプレミアム(年会費3150円)にも登録。あとはイオンの電子マネーWAONと提携しているので、WAONを使って。WAONを使った時にも貯まるし、そのWAONのチャージにもカードを使っているので、こちらも2倍たまる。もっと他にも方法はあるんだろうけど、我が家はとりあえずこれだけ。他のポイントを移行したりとかはなし。

 香港の時は2年で38000マイル貯まったところで、1人分21000マイルを使っていった。もう少し貯めたあとに行けるとよかったけど、国際線は2歳から料金アップなので、みくちゃんが2歳になる前のタイミングでと思っていったので。それからさらに2年弱すぎ、60000マイル貯まった。もう少しで3名分香港まで行ける計算。

 ちなみに名古屋発だとJALの香港行きがないのでこうなってしまうけど、東京発だったら17000マイルで香港まで行けるのでもうすこしで4名分。マイルで旅行に行けるっていうのは地域差もあるなって思うわ。名古屋でもいい方だしね。

 マイルの期限は3年。3年前から貯め始めて、もうすぐ3年過ぎるところから、毎月少しずつ消えていってしまう。1万マイルを12000円分のWAONにもできるけど、せっかくだから、飛行機乗りたい。海外にも行きたかったけど、名古屋発だと行けるところも限られ。香港ディズニーもまだ数年後でいいかなって感じだし、上海ディズニーランドができたら行ってみたいけどまだだし、子連れとなるとソウルとかも厳しいし。グアムとかサイパンだと東京乗り換えになってしまうので、面倒な上、マイルもたくさん必要だし意味がなくて。

 国内線は、名古屋からマイルで行けるのは札幌・沖縄・東京。乗り換えとかすれば他にも行けるけど。寒い時期だしやっぱり沖縄にすることに。

 マイルで沖縄は14000マイル。4名分タダで行けるだけのマイルはあるけど、そううまくいかないのが、予約が取りづらい。2ヶ月前から予約できるけど、いつものごとく急に行くことにしたので2ヶ月を切っていたし、マイルでの予約は無理。

 JALにはおともdeマイルという料金プランがあり、1人が往復10000マイルで、もう1人から3人便乗して安い料金でいけるというもの。名古屋から沖縄はおともdeマイルで往復25000円。曜日も関係ないみたいでお得。通常の金額で一番安い先特でも、日曜の名古屋着は片道で25000円とかするし。

 だんなさまとれっくん、私とみくちゃんという風に2組でバラバラで申し込み。10000マイルを15000円分の航空券代にあてることもでき、それぞれそれを使ったので、トータル40000マイルと20000円の出費。全部マイルで行けたらこの2万円が不要だったけど、まあ仕方ない。それでも家族4人2万で飛行機乗れればお得でしょ。

 座席の残りはわずかだったけど、隣同士取ることができたのでよかった。事前に問い合わせておいたんだけど、小さな子供がいる場合は、席がうまく取れなかった場合は電話をすれば調整してくれる。予約をして、後から購入っていう形なので、購入前に電話すればいいとのこと。

 飛行機なんてツアーで行く時に乗るものってイメージしかなかったけど、マイルでの手配や個人購入、今回はおともdeマイルの利用と、いろいろ慣れてきて、ちょっと身近になってきたわ。次こそはマイルで4人分手配して海外でもいきたいなー。
 
 前回も思ったのに、今回は実行できなかったけど、計画はお早めにがポイントだわ。

 マイルがどんどんたまる「JALカード」

 6歳と3歳の子連れ沖縄旅行まとめ。すべてのページからそれぞれのページが見れるよ。

JALのマイル(おともdeマイル)で沖縄に

国際通りに近くて便利・那覇グランドホテル

子連れホエールウォッチングin沖縄

ジャッキーステーキハウスin沖縄

ザザンビーチホテルin沖縄

海中道路&ブセナ海中公園in沖縄

フルーツランドと森のガラス館

沖縄菜園ビュッフェ カラカラ in 沖縄

海の見えるカフェ八風畑&琉球ガラス村

沖縄旅行お土産編

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク