ディズニーランド 美女と野獣

朝7時過ぎに家を出て11時前に舞浜に到着。ちなみに三河安城からこだまで。こだまだから新幹線に乗っている時間は長くなるけど、名古屋まで電車で出るより三河安城に行った方が早いし、乗り換えを考えると時間はほとんどかわらず、空いていて便利。2時間くらいで行けたらいいのにな。

宿泊先はヒルトン東京ベイ。舞浜駅のウエルカムセンターで荷物を預けたりチェックインすることができるのでまずそこへ。少しだけ並んで体温測って中へ。これが朝はものすごく混雑するらしいから、このくらいの時間の方がいいみたい。

駅前のショップ、ボンボヤージュも予約しないと入れない。当日でも予約がとれる状態だけど、11時の予約はいっぱいだったし、11時入園の人の長蛇の列にびっくり。体温測るし時間かかりそうなのでパス。

入園チケットは9時、10時半、12時の3種で、10時半のを買っておいたので、すぐに入園。ゲートには12時入園の人がすでに並んでいた。とりあえずモンスターズインクに並びながら、抽選にチャレンジ。

今回の一番の目的は新しい美女と野獣エリア。アトラクションは、入園後にアプリで抽選で、当たらないと乗れず、並ぶことはできない。入場者の少ない朝や夜が当たりやすいとか統計もあったりするけど、運でしかないかも・・。休日なので夜は空くかなと19時から21時の回で応募。見事当選!!細かい時間は選べず20時20分から40分指定。

他にも新しいベイマックスのアトラクションや、キャラクターとの写真撮影などいくつも抽選のものがあるけど、全部ハズレ。美女と野獣だけで十分。

モンスターズインクが25分、スターツアーズが10分、バズライトイヤーが20分と、とりあえず端から順番に乗っていけるくらいの待ち時間。ファストパスはすべてないけど、最大でもプーさんのハニーハントが30分から45分。ソーシャルディスタンスで、列は長くなっているけど、サクサク進むのでうれしい。

この日は暑いくらいで、アイスを食べたりしつつ、とりあえずアトラクション。シンデレラ城にキャラが登場とのことで見に行ったけど、あっという間に終了。パレードも来たけど、フロートも1台だけとか少なく・・。

でもよく見えたし、アトラクション乗るのに忙しいので十分。

美女と野獣のグッズのお店も今は予約不要だけど、まだ予約が必要なときだったので予約しておいた。

 

商品おしゃれにディスプレイしてあって見るだけのお店。ここで買うことも手に取ることもできず。

出窓のディスプレイとか素敵だった。

それからガストンのレストランも予約が必要。1ヶ月前の予約開始時に予約。かなりの激戦なので、あまり競争率の高くない時間を選んで15時50分なんて中途半端な時間を狙ったら無事に予約できた。予約なくても並べるようになっていたけど、お昼はすごい行列だった。

ビーフシチューのパイと、骨付きソーセージ入クロワッサン。すごくおいしかった。あとメニューはフレンチトーストの3種類。

ベリーチアーズというチーズのドリンクがおいしいというのをみて、これにしたけど、私はあまり好きじゃないかも。

夜のパレードも、雨の日のフロートが少しだけだけ。

そしてこちらも予約が必要のポップコーン屋さんビッグホップ。数日前にキャンセル拾い。クッキー&クリーム、キャラメル&チーズ、ストロベリークリームの限定味の販売。クッキー&クリームを購入。こちらもおいしかった。

そして美女と野獣。すっかり雰囲気変わってた。この日も16時台は、機材トラブルで乗れなかったらしく、その場合は明日以降いつでも乗れるチケットが配布されるとのこと。それは悲しいので無事に動いてくれるといいなって思いつつ。並んでいる間も色々見れるようになっているけど、空いているし早く乗りたい気持ちでどんどん進んでしまうわ。もちろんネタバレしないけど、すごくよかったー。最先端の技術すごいわ。

11時から21時までアトラクションにもしっかり乗れてよかった。お土産がアプリで事前にチェックできて買える分、色々なお店をめぐる時間も不要で、効率よく見れたかな。

ウエスタンリバー鉄道・カリブの海賊・ジャングルクルーズ・イッツアスモールワールド・白雪姫・ピーターパン・ピノキオ・フィルハーマジック・ハニーハント・ホーンテッドマンション・ロジャーラビット・バズライトイヤー・モンスターズインク2回・スティッチ・美女と野獣

スティッチなんて夜いったら、15人くらいしか人がいなくて、全グループ当たるみたいな・・。

まだランドしかなく、ファストパスもなかった頃の、20年くらい前の平日の感じかなって思った。このくらいアトラクションも乗れると、ほんと満足度が高くて、ずっとこのくらいでいいのにって思ってしまう。

21時まで満喫。続く。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク