ホームメイド協会卒業式でスピーチ

 私が所属しているホームメイド協会で、資格取得をすると卒業式に出席することができる。中部エリアは栄の東急ホテルで。夏と冬と2回開催されて今回は私の直轄認定校からBさんが卒業。おめでとうございます!!最後のレッスンの日記

 で、私も出席して&スピーチして欲しいとホームメイド協会から依頼されたので出席。まさか自分が選ばれるなんてととっても光栄!

 中部エリアは今回310名が卒業。欠席の方もいるけどかなりの大人数。

081201_121818.JPG 081201_121839.JPG
 学校の卒業式のように結構厳粛。一人ずつ立派なお免状をもらえるので、待ち時間も長い。私は当たり前だけど何ももらえないから、座って待つのみ。みんな立って順番に並んでいるので、私だけポツーン。他の人から見たら、あの人は一体何?状態だったかも・・。ちなみにその立派なお免状、Bさんにどうしているの?と聞かれて「押入」と答えた私。

081204_151504.JPG 081204_151414.JPG
 左の写真の紺色のものが卒業式でもらえるお免状。えんじ色は教室開講の資格取得時にもらえるもの。どっか飾れるところないかなって思って、グランプリの賞状等全部出してみたら結構いっぱい。私としては、免許状よりシュガークラフトグランプリの賞状の方が飾りたいけど、やっぱり飾れない・・。

 とってもかたい送辞&答辞もあり、卒業式は終了。その後はお楽しみのランチ。

081201_124550.JPG 081201_133921.JPG
 私が卒業した時よりちょっと豪華になった気も。気のせいかな。

 今回310名の卒業生の多くはパン(私が習っていた頃の写真)、天然酵母、ケーキ、クッキングでの卒業。シュガークラフトは6名、あと少数なのは和菓子やカービングかな。全くいなかったのは、フラワーや工芸パン(私が習っていた頃の写真)。ホームメイドのコースは13講座あって、免許状コースは9講座(パン、天然酵母、ケーキ、クッキング、シュガークラフト、和菓子、カービング、フラワー、工芸パン)で、あとの4講座(チョコレート、マジパン、パスタ、ラッピング)は認定証コースとなっていて、卒業式に出席できるのは免許状コースのみ。

 資格取得=卒業=かなりの金額が必要。シュガーの資格を取りたいですと言われ、金額を聞いて「じゃあいいです」って言う方もすごく多い。資格取得費以外にも、レッスン代や材料費、自分で購入する道具等考えると、私も車が何台か買えるお金をつぎこんでるし・・。でもそれをしなかったからといって、それだけの貯金があるとは限らないから難しいわ。今は習い事はお金のかかるものって思っているけど、私も卒業する時には、それだけの金額の価値があるのかわからなかった。ぼったくられてるとも思ったり。でも最近その価値を理解できてきた気がする。2講座一緒に卒業する方も多く、3講座なんて方も。時期をずらして一つずつ卒業する人もいるし、関東では13講座すべての人が3名出たとのこと。すごすぎ・・。

 金額だけを考えるとクラクラしちゃうけど、きっとその人にはその価値があるのよね。私はパンを卒業する予定もないし、マジパンの認定も受けないんだけど、それは私にはその価値を生かせないから。パンはもうある程度家で焼けるようになったので、これ以上極めたいと思えず。教室を開くとか全く考えてないし、シュガーと同じように情熱を注げないし。マジパンはモデリング(人形作り等)の勉強のために習ったけど、家で教室を開いたとしても誰も来ないかなと。毎回クッキー等お菓子作りもメニューに入っているのでそれをしないといけないし、マジパン自体も生ものなので扱いが大変だし、エアブラシも必要なので初期投資もかかるし、それならシュガーに使いたいし。

 というわけで、みんないろいろな思いで卒業されると思うけど、ランチ後、卒業生や私のような指定校の講師がブロックごとに数名紹介されて、ブロック長と一緒に舞台へ。上から見るとすごい人。みんな注目してくれてるし。パンの先生がだんとつ多いから、シュガーの指定校でここに立つことはあまりないことかなと思っていっぱいしゃべってきちゃった。Bさんがホームメイドの歴史に残るくらい短期間で卒業されたこと、子供がいながら教室を運営していること、そして私が教室を始めるきっかけになったこと。

 そもそも私はシュガークラフトを習いたいと思っただけで、資格の事とか全く知らずホームメイドに入会。その頃、ネットが普及前で、ケイコとマナブを見たらホームメイドしかシュガーの教室が載っていなかったのと、会社から近かったただそれだけの理由。ただただ習いたくてパンフももらわず始めてた。ネットがないとはいえ、あまりにも調べなかった事がいまだに不思議。

 かなり進んだ時に、同じクラスだった方から、資格や指定校制度の事を教えてもらってへえーって思ったのが第一印象。その人は将来自宅で、パンやケーキの教室をするのが夢なのって。ただただへえーって。そこでパンフをもらって金額にもびっくりだったし、私とは世界が違うわって。

 それが現在、教室を開いて卒業生まで出しているから人生はわからないものねなんて。ホームメイドに指定校という制度があったのが大きいわ。それがなかったら教室なんて考えていなかっただろうし。いい先生やいいお友達にも会えたし、すごくよかった。よかったらシュガーに興味を持ってくださいねなんてオススメもしてきちゃった。

 その後Bさんがみんなの前で、いい先生に出会えてなんて言ってくれてうれしかった。私もホームメイド等でいい先生にいっぱい出会えたし。もう辞められてしまったけど、I先生とK先生にはとっても感謝。卒業式でスピーチしたんだよっていつか伝えたい。

 大人になってから結婚することしか目標になくて、その後の生活なんてあまり気にしていなかった。自分が子育てしている事もあまり想像できず、結婚すればなんとかなるわなんて。それがシュガーをするようになって、いろいろ夢がえがけるようになってよかったな。そして今の夢はシュガーとはまたちょっと違うところにあるんだけど、次の事を考えるようになってきた。

 もしシュガーに出会ってなくても、自宅と実家の近くに2店舗もウィルトンができたから、どこかで目にして始めていたと思う。今からだったらここまでこれなかったかと思うから、いいタイミングで出会えてほんとうによかった。

 最近はウィルトンにかなりの時間を取られているけど、ホームメイドの資格取得の方に、2名がんばって来てくださってる方がいて、しかもまた短期なので、ホームメイドとウィルトンの両立中。ウィルトンは勤務というスタイルに対し、ホームメイドは自宅教室というスタイルなので、今後ずっと関わっていくのはホームメイドの方かなと。所属しているところがあるっていうのは安心感があっていいし、ホームメイドはバックアップがしっかりしているので、資格取得はオススメ。

 品揃えはあまりよくないけど、オンラインのホームメイド協会セレクトショップもあり。ただいま発酵器セール中。30台も売れてた・・。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク