学芸会代休にシーライフ(レゴランド)

なにかと平成最後と言われる今日このごろ。6年生のれっくんは、なにかと小学生最後と言われてもうそれはいいってなっている。学芸会も小学生最後ならぬ、人生最後と言われたらしい。そんな人生最後の学芸会も無事に終了。

そして代休。今回はだんなさま休めず。どこか行く計画を立てても、反抗期のすったもんだで流れてしまったりするので、どうしようかなと思いつつ、1回くらいは行ってみようかなと思っていたシーライフに。れっくんには当日の朝言ったら乗り気だったのでいくことに。

シーライフはレゴランド横の水族館。事前にチケット購入すれば安いけど、行かないかもしれないから買えず。1時間毎にバックヤードツアーもあり、夕方なら空いているかなと思いそれを目当てに。

急いでなかったし、渋滞もあり11時過ぎに到着。まずはチケット購入へ。レゴランドのチケット売り場がかなり混んでた。まだまだレゴランド人気なのかも。

シーライフは大人1900円、子供1500円。名古屋港水族館と変わらないことを考えるとお高め。それにバックヤードツアーが一人500円。3人でトータル6400円。

バックヤードツアーは、14時45分の回以降があいていたのでそれにして、とりあえずメイカーズピアでお昼ご飯を食べることに。

レゴランドより大変な状況のメイカーズピア。ずいぶん店舗数が減ってた。臨時休業のお店もあれば「一人でやっているので提供に時間がかかります」というお店も。

FABRIK’sというハンバーガーやさんに。肉肉しいハンバーガーが売りだと思うのに、子どもたちはそれを選ばず。

サーモンフライとスモークサーモン。ベーコンとスクランブルエッグ。最初は貸し切りだったけど、12時近くになって結構混んできてた。時間が結構あったので、お店をみたり、レゴランド・ジャパン・ホテル(2018年4月28日グランドオープン)にも行ってきた。

宿泊者でなくても、レゴで遊べたり、レストランは利用できて、横に遊具があったり。遊具は結構大きかったけど、8歳までくらいでみくちゃんは残念がってた。噂のエレベーターにも2階から1階まで乗ってみたり。

再入場はできないので、バックヤードツアーの1時間15分前に入場。一方通行で戻れないというのを見たけど、聞いたら戻ってもいいとのこと。すごく混雑しているときだと戻るのは不可能だと思うけど、余裕で戻れた。

13時半くらいはすごく空いていた。入り口で販売しているレンジャーミッションパックというものがみくちゃんがどうしても欲しいというので500円で購入。ちょっとしたクイズやガイドブックと一緒に生き物のカードが入っているセット。ストラップで首から下げれるようになっていて、同じストラップをかけているスタッフに声をかけるとカードがもらえるというもの。

空いているからかスタッフがほぼいなくて、触れる水槽のところにいたスタッフ一人のみ。最後まで行って少し時間を潰してバックヤードツアー。

1箇所だけの見学だったけど、餌やりもできてまあまあかな。さかなクンの大きな絵が見れるのでその楽しみもあるかも。その後見落としたクイズもあったので、もう一度戻ってみていたりしたら、15時を過ぎてお客さんも増え、スタッフも増え、カードも結構もらえた。レンジャーパックをするなら空いているときに行くと損かも。

見にくいけど、宝箱が水槽で、右手前にコインがあったり凝ってた。20分ほどのバックヤードツアーも含め2時間みてきたけど、バックヤードやクイズがなければ1時間でじゅうぶんかな。お絵かきした魚が泳ぐのも、初めてのとき何回もやっていたけど、年齢的なものか、3回くらいで満足。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【エントリーでポイント10倍】レゴ(LEGO) アイデア シップ・イン・ボトル …
価格:14680円(税込、送料無料) (2018/11/26時点)

レゴのボトルシップが売っていて、れっくんが欲しがったけど即決できず、クリスマスプレゼントの検討品。

レゴランドホテルのレストランでおやつでも食べて帰ろうかなと思っていたけど、メイカーズピアのマリノのピザ作りもやりたがり。たまたまその日近所のマリノのキッズピザ作りの日だったので、予約してそちらに。メイカーズピアだと1500円だけど、ほかは1000円なので。

月1回しか開催されていなくてなかなか日があわなくていけなくて、1年ぶりくらいかな。こうやってみるとなんだかとっても小さな子供にみえるわ。

すごく上手に大きく伸ばせたとほめられご満悦。

せっかくの代休、とっても有意義に過ごせたかと。来年小学生最後の代休があるけど、どうなるかわからないし、代休にでかけるのもこれが最後になったりするかも。

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス