熱性けいれん れっくん編

 入院してくださいと言われた時点で、15時すぎ。一度帰ってから来ちゃだめですか?なんて無謀な事聞いてみたけど、誰かに変わってもらってって。とりあえず親とだんなさまに連絡したけど、来るまでに時間かかるし、保育園に頼めば長く預かってもらえるけど、連絡したり説明している時間もないし、Aちゃんにお願いして預かってもらうことに。

 でもAちゃんもお迎え後に用事があったので、Tさん宅でれっくんだけみてもらうようにお願いしてもらえて1時間半ほどTさん宅で。久しぶりにKちゃん達と遊べて楽しかったみたい。その後Aちゃん宅で、Yくんと遊びご飯も食べさせてもらった。だんなさまに変わってもらって一度帰った時に寄ったけど、別に泣きもしず、私が迎えにきたかと思って「まだ遊びたい・・」って言うし。一緒にお風呂も入れてもらえることになり、その後だんなさまに迎えに行ってもらった。

 翌朝、だんなさまの出かける時間が早いので、保育園にお願いしようかと思ったら、Aちゃんがみてくれるとのことで、朝Aちゃん家にれっくんを預けて出勤。朝ご飯まで一緒に食べさせてもらって保育園に送ってもらった。帰りも迎えに行ってもらって、また晩ご飯食べさせてもらって、その後はKちゃん宅でみんなで遊んだとのこと。

 みくちゃんのぐずりが限界だったので、夜れっくんに会わせたいなって思ってだんなさまが迎えに行ってもらったけど、まだ遊ぶから行きたくないとのこと。でだんなさまだけ病院にむかったら、後から「れっくんも行きたかった」って言い出して・・。戻って連れてきてくれた。

 そして私の顔を見たら、クシャクシャの顔で泣き出した。やっぱり我慢していたのね。すぐに泣きやんでみくちゃんと遊んだり、話をしたりして30分くらいで帰って行ったんだけど、帰り際置いていかれるのがイヤで泣くみくちゃんを見て、また悲しくなって泣きながら帰っていった。その後1時間ほど泣き続けて、「もうがんばれない」とか言っていたらしい。

 そして3連休突入。最初の2日はだんなさまの実家に泊まりに行くことに。もともと誕生日プレゼントを買ってもらいに行く予定だったし、その方がれっくんがさみしくないし。行く前にお昼ご飯持って寄ってもらったんだけど、泣きもしないで楽しく過ごしたけど、帰りにまたみくちゃんが泣いたのにもらい泣きして、帰りの車で泣いたとのこと。翌日は遅く帰ってきたので病院には来ないまま。

 3連休最終日、二人で病院に来たあと、私とれっくんで一度帰って私はお風呂。1時間ほどだったけど、バタバタれっくんと二人で過ごした。その後また涙をこらえてバイバイ。

 連休明けの火曜日、まただんなさまがAちゃん家に預けて出勤。保育園に送ってもらって、私は退院したのでお迎えに行った。先生達の手前、泣きはしなかったけど感動の再会だったわ。

P1040611.jpg
 みくちゃんに右手の点滴の跡を「これどうしたの?」って聞くと、最初は手をあげて「うえーん」なんて言ってたけど、もう忘れちゃったみたい。れっくんもきっと忘れてしまうだろうけど、でも一人でがんばった分、成長したかな。

 今回は友達にとってもお世話になって、感謝の気持ちでいっぱい。困った時はお互い様だよって言ってもらえて、本当にうれしかった。れっくんもいつも遊びにいっているYくん宅とかだったし、その間は泣くこともなく楽しくすごせたみたいで、いっぱい一緒に遊べてうれしかったって。お見舞い行くよって言われても、みんな子供もいるしすべて断ってしまったけど、ほんとありがとう。これからもよろしくね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク