小麦粉バージョンの焼きドーナツ

 パニーニプレートは万能プレートって感じだけど、ドーナツプレートはドーナツのためだけに、生地や絞り袋を用意しないといけなくて少々面倒かもって思ったり。子供は一番喜ぶけど。

 今回はチョコ(ココア)ドーナツを。レシピは、焼きドーナツとワッフルのおうちカフェレシピに載っていた小麦粉バージョン。

 友達の家で作ってもらっていたんだけど、生地がかたくて牛乳を足したとのこと。私もやってみたら、すごくかたい。なので牛乳を足して絞り袋にいれて焼き焼き。絶対使い捨て絞り袋を使った方がきれいにいれれるよ。

100102_172257.JPG
 でもかための生地だと、プレートに密着しないで空気が入る部分が焼きムラになる感じ。柔らかい生地の方がきれいに焼ける。それならばとさらに牛乳を加えたら、分量がおかしくなってふくらまず。それはそれで無理はよくないわ。

 ホットケーキミックスより、冷めたときにかたくならない様な気もする。レシピ通りブラックココアパウダーを使ったんだけど、砂糖もかなり入っているのに、ココアの苦みでかあまり甘くなかった。砂糖いれなきゃよかったかなと思ったり。甘さを感じて砂糖控えめのものがあるといいな。

パニーニプレートで伊達巻きつくり

 おせち料理は作らないけど、伊達巻きだけは毎年作成。とはいえ、はんぺんを入れた簡単レシピ。フライパンで焼いて、巻きすがないので、ただ巻くだけだったけど、パニーニプレートを使ってやけば、巻きすで巻いた様な跡がつくんじゃないかと。

100101_014151.JPG
 生地を流してフタをすると、はんぺんがふくらむので、すごい勢いでふくらんできて、上のプレートに到達。ギュルギュルギュルーとイカ焼きの様な音と蒸気。フタをあけると一気に縮む。

100101_014456.JPG
 はんぺんは袋の上からつぶしただけで、ミキサーとかにかけていないので、細かくなっていない部分もあり、焼き色も筋もムラだらけだった。ミキサーにかけたらもっときれいな焼き筋ができたかな。

100101_015851.JPG
 クッキングシートで巻いて。

100101_020258.JPG
 まあまあじゃないかな。すごく小さい巻きだけど、子供も食べやすくパクパク。

 フライパンだと火加減とか気にしないといけないけど、これだとそんな心配もないし楽だった。おいしくできたし満足。

食パンでパニーニ作り

 ビタントニオプレミアムセットでホットサンドを作るなら、ホットサンドプレートって思っていたけど、食パンのミミをカットしないといけなくて、これが結構面倒。ミミなしのサンドウィッチ用のパンだと薄すぎて焼き色が付かないし。で、パニーニプレートで焼いてみた。

091229_183728.JPG 091229_183944.JPG
 ミミをつけたまま、半分にカットして挟んで焼くだけ。ちょっとギュッと押さえつけられいい感じ。ホットサンドだとミミをカットした上、焼けたものをさらに半分にカットしないといけないし、ハムとか入っていると手でちぎりづらくて面倒だけど、パニーニなら最初に半分にカットしておけばいいだけで簡単。ミミの無駄もでないし。

 いつもは朝食がトーストだったけど、これを作ることが多くなった。トーストだと1枚食べなかった子供が全部食べるように。

091231_101954.JPG 091231_102243.JPG
 ちなみにパンではさまず1枚にチーズとハムを乗せた状態で焼いてみた。チーズがぐちゃぐちゃにくっついたりするかなと思ったけど、そんなこともなくこれはこれで焼き色がおいしそうについてよかったし、6枚切りとかのパンだとこの方がいいかも。

 せっかくだからパニーニ用のパンでも焼こうかな。

パニーニプレートでお肉を焼く

 ビタントニオプレミアムセットは毎年新しいプレートとともに発売されて、私が買った1年前の2009(2008年12月発売)のセットはパニーニプレートだった。そのときは使いこなせるかなーって思って買わなかった。2010のプレミアムセットにはついてこないんだけど、私が購入したピエディ・ヌーディというお店では、おまけでパニーニプレートがもらえたので、使ってみたらこれが意外と使えた。

091228_181321.JPG 091228_181353.JPG
 ソテーやトンカツ用のお肉をネギと一緒に焼いてみた。ちょっと厚さがたりないので、両面からしっかり焼けるわけじゃないので、裏返したりしつつ。でもきれいにやけた。

091228_181746.JPG
 ネギのスジとかおいしそうだし。

091229_184350.JPG 091229_184624.JPG
 鶏肉にローズマリーを乗せてオリーブオイルをかけて。オーブンで焼くよりしっかり押さえられて焼く分香りもついておいしかった。

091229_054803.JPG
 料理に使うのは油がついて嫌って思う人もいるかも。でも思ったより周りに油が飛び散ったりもしないし、プレートは洗えばきれいになるし、私は気にしないでどんどん使おうかなと。今度は餃子も焼いてみたな。

ホットサンドプレートでピーナッツサンド

 サンドウィッチ用のパンで失敗したので、8切りを買ってきてホットサンドプレートリベンジ。

091228_141204.JPG
 何もなかったので、ピーナッツクリームを挟んだだけ。でもトーストに塗るのとは違う味わいでおいしかったわ。

 ビタントニオプレミアムセットを買ってから、朝ご飯が楽しみになってきた。いつまで続くかはちょっと心配だったりする。しまい込んだらきっと使わなそうだわ。

ワッフルプレートでモッフル作り

 少し前に流行ったモッフル。ビタントニオのワッフルプレートでもできそうだけど、モッフルに関しての知識が全くなく、食べたこともなく、普通の切り餅で作るのか、薄ーいお餅で作るのかも知らず。

091229_060308.JPG 091229_060329.JPG
 切り餅を置いてフタをして、ちょっとたって開けてみたらやっぱりダメねーなんて。それでもう一度フタをして焼いてみたら。

091229_060641.JPG 091229_060750.JPG
 うわーって感激!こんなにきれいにできるなんて!外はパリパリで、中はもっちり。チョコソースなんぞかけてみたけど、やっぱり砂糖醤油かななんて。ワッフル作るより準備が簡単だし、子供も食べやすいし、今年はお餅の消費が増えそうだわ。

ポワソンプレートで鯛焼き作り

 ポワソンプレートって何よって思ったら、ポワソンとはフランス語で、魚料理とかを意味するらしい。鯛焼きプレートでいいのにって思うんだけど、まあ海外メーカーのものだからね。

 他のと違って鯛焼きは、本体を開いたまま作成していく。鯛焼きの生地にはバター等の油分が入らないため、オイルスプレーで油を塗り、生地を流し、プツプツしてきたらアンコを乗せて、その上にまた生地を乗せて、そしてフタをして焼く。

091229_202328.JPG
 自分で作るとアンコが多めになっちゃうけど、多い方がおいしいし。右のはチョコ!これがおいしかった!チョコといっても普通の板チョコじゃなくて棒チョコレートを使用。サンマルクのチョコクロワッサンに入っているようなやつね。ダラダラ溶けてはみ出すこともないし扱いやすい。

 量によって完成に差が出て、いろいろ失敗しつつ何度か作ったらきれいにできるようになった。量が多いとふくらみすぎてアンコ乗せる時点でパンパンになちゃって、さらに生地を乗せてフタするとアンコがはみ出した状態に。逆に量が少ないと、アンコはいっぱい乗せれるけど、さらに生地を乗せてフタを閉めても、その生地が上のプレートまで届かずうまくウロコ模様がでなくて生焼け状態に。

 説明書には型の半分と書いてあったけど、まさに半分がいい感じ。結構難しいんだけど。中心に流してあとは細めのスプーンで全体にのばすとやりやすかった。

091229_203045.JPG 091229_203613.JPG
 何はともあれこの形ができて感激でしょ。水を入れるだけでできる白い鯛焼きミックスも欲しいな。

ビタントニオプレミアムセットが届いたよ

 3歳の子供へのクリスマスプレゼントということで、クリスマスまで大事に隠しておいて、子供に喜んでもらった。

091225_014320.JPG
 私が適当にラッピング。

091219_235422.JPG 091220_002929.JPG
 プレート5組10枚。すごいかさばるー。引き出しを一カ所あけてそこに全部いれれるようにはしたけど、1週間ほどたってもまだ出しっぱなし。今は楽しくて1日に3回くらい使っているので。しまい込んだら使わなそうだし、ささっと出し入れできる収納方法を考えなくては。

091225_110757.JPG 091225_110810.JPG
 赤いランプが通電。そして緑のランプが余熱完了。5分くらいかな。待っていると長いけど、材料準備していると結構あっという間。まずは空焼き。すごーくくさい。想像以上にくさい。家中くさい。次の日もくさい。空焼きは1回だけであとは普通に使ってしばらくくさかったけど、そのうち気にならなくなった。何がくさいんだろう??

 2009年秋にモデルチェンジして、このランプが見やすい位置になったこと、立てて保管ができるようになったこと、本体裏にコードがおさめれるようになったこと、そして何より本体からプレートがはみださなくなったことがよくなったんだけど、電源スイッチはつかないものなのかしら??

 コンセントを差してスイッチオンなんだけど、なぜスイッチがないんだろう??コストがかかる??何か危険要素でもあり??置きたい場所があるけど、コンセントが奥の方なので、いちいちそこで差したりができなくておけないし。理由を知りたいわ。

 そんな訳で、ビタントニオプレミアムセットのある生活がスタート。

ホットケーキミックスバージョンの焼きドーナツ

 2009年12月発売のビタントニオプレミアムセット2010。新作プレートはドーナツプレート。流行を押さえていて素敵!来年はなんだろうって期待!

091225_202552.JPG 091225_202825.JPG
 生地を絞り出して、2分ほど待つだけでできあっがりー!

091225_203314.JPG 091225_203336.JPG
 かわいい&おいしい!ちょっと焼きすぎたくらいがおいしかった!レシピは、焼きドーナツとワッフルのおうちカフェレシピに載っていたもので。小麦粉バージョンとホットケーキミックスバージョンが載っているけど、ホットケーキミックスバージョンに。そっちの方が、バターと砂糖の量が少なかったので。もともとミックスの中に入っているから一緒なんだけど。

 パクパク食べちゃってほんと怖いわ。じゃこと青のりのお食事ドーナツも作ろうと用意しておいたけど、またにすることに。しばらく砂糖とバターの消費量が増えそうだわ。

サンドウィッチ用のパンでホットサンド

 普段からよくホットサンドを作っていた我が家。でもパンをトーストして挟むだけのトーストサンド。

091205_121728.JPG
 プーさんの顔が焼けるトースターなので、まあこれはこれでかわいいんだけど。4つにカットして食べるものの、やっぱり分厚くて子供はとくに食べづらい。なので何度ホットサンドメーカーを買おうか悩んだことか。

 早速ビタントニオプレミアムセットホットサンドプレートでホットサンドを。具をいろいろ用意してと思っていたけど、子供にせかされゆっくり準備できずまずはハムとシーチキン。

091225_110929.JPG 091225_111312.JPG
 機械上だと熱くて危ないので、お皿の上で具を乗せてもらい機械へ。張り切ってサンドウィッチ用のパンを買ったけど、8枚切りの食パンでよかったみたい。なのでパンが薄くてしっかりサンドされず焼き色も甘いし。でもおいしい!

 今度は8枚切りの食パンで試してみなくては。