カテゴリー別アーカイブ: 鯛焼きプレート

鯛焼きを上手に焼く方法

 ビタントニオプレミアムセットで鯛焼きをきれいに焼く方法を研究していたけど、やっぱり振り出しに戻る。

100131_171407.JPG 100131_171728.JPG
 たっぷりかけて、はみ出すくらいにして焼く。そうすると上面にもしっかり届いて焼ける。

100131_171928.JPG 100131_171939.JPG
 これで両面ともこんがり。かける量が少ないと上まで届かず生焼けになってしまうのでたっぷりかけるのがポイントみたい。

 はみ出した部分は簡単にきれいに取れるしこれまたおいしい。

100127_174153.JPG
 空いているスペースで焼いちゃうくらい。

100128_151022.JPG
 ちなみにあんこは袋入りの1キロのものを利用。少し切って絞り出せるので便利。1キロが結構あっという間になくなる。食べ過ぎだわ。

鯛焼き研究中

 ビタントニオプレミアムセットで鯛焼きを作るのに、お店のものみたいに両面カリッと焼きたいんだけど、なかなか難しくて。本体がバタンと開いて両面一度に焼ければいいのにな。まあそういうわけにはいかないので。

100128_150051.JPG 100128_150135.JPG
 片面だけ焼いて一度取り出す。

100128_150357.JPG 100128_150659.JPG
 改めて片面焼きアンコを乗せその上にかぶせる。アンコの上に接着用に生地を乗せてたけど意味がなく、輪郭に生地を乗せて焼いたら部分的にくっついたところもあるものの食べると崩れてくる。

 でもパリッパリだし、アンコはたっぷりはいるしおいしい。でも手間もかかるし、食べにくいのでこの方法は却下かな。

ビタントニオポワソンプレートでオムレツ作り

 これもやってみたかった鯛焼きプレートでオムレツ作り。

100113_193310.JPG
 シンプルに卵液を流して焼いただけ。中は半熟とか焼き時間だけで調整可能。半熟にしたのでちょっと時間が経つと沈んじゃって、なんだか頼りなさそうな鯛に。お弁当にいいかなと思ったけど、このままだと失敗した卵焼きよね。また研究しなきゃ。

鯛焼きプレートでお好み鯛焼き作り

 ショッピングセンターに入っている鯛焼きやさんでよく鯛焼きを買っていた我が家。あんこはもちろん、お好み鯛焼きが好き。鯛型のお好み焼き。中にベーコンとソースやマヨネーズいり。それを鯛焼きプレートで再現。

100112_190604.JPG 100112_190841.JPG
 この日はホットプレートでお好み焼きの日だったので、お肉を使用。焼けないと困るから少量。

100112_191253.JPG
 フタをあけたらお肉が出ている部分とか、焼きムラが。

100112_191354.JPG
 下側はまあまあきれいに焼けていた。でも普通に焼いた方がおいしそうだわ。

たいやきやいた・・

 鯛焼きプレートで作る鯛焼き研究中。最初に流す生地が少ないと・・。

100107_205701.JPG 100107_210129.JPG
 上側のプレートに届かずきれいな型がつかない。ちなみに中身は棒チョコレート。これがおいしくてはまり中。
 
100107_211334.JPG 100107_211617.JPG
 生地を多く流すと生焼けになりやすい。最初の生地を流したあと、フタをあけたままプツプツしてくるのを待つんだけど、フタをして焼いてみた。真ん中がぷっくり。それを押さえつつ具を乗せさらに生地をかけて挟む。

100107_212132.JPG
 たまにははみ出したりも。カリカリに焼けておいしいし、きれいに本体からはずせれるよ。

100107_212209.JPG
 1回に2個焼けるけど、プレート柄的に左右対称。どちらも下になっていた方なので、柄もしっかりこんがりきれいに焼けている。1コを裏返すと・・。

100107_212221.JPG
 ちょっと焼きも甘いし、柄もはっきりしない。まあ一番最初の写真よりもましかなということで、このくらいで許すかなと。また練習しよっと。

ポワソンプレートで鯛焼き作り

 ポワソンプレートって何よって思ったら、ポワソンとはフランス語で、魚料理とかを意味するらしい。鯛焼きプレートでいいのにって思うんだけど、まあ海外メーカーのものだからね。

 他のと違って鯛焼きは、本体を開いたまま作成していく。鯛焼きの生地にはバター等の油分が入らないため、オイルスプレーで油を塗り、生地を流し、プツプツしてきたらアンコを乗せて、その上にまた生地を乗せて、そしてフタをして焼く。

091229_202328.JPG
 自分で作るとアンコが多めになっちゃうけど、多い方がおいしいし。右のはチョコ!これがおいしかった!チョコといっても普通の板チョコじゃなくて棒チョコレートを使用。サンマルクのチョコクロワッサンに入っているようなやつね。ダラダラ溶けてはみ出すこともないし扱いやすい。

 量によって完成に差が出て、いろいろ失敗しつつ何度か作ったらきれいにできるようになった。量が多いとふくらみすぎてアンコ乗せる時点でパンパンになちゃって、さらに生地を乗せてフタするとアンコがはみ出した状態に。逆に量が少ないと、アンコはいっぱい乗せれるけど、さらに生地を乗せてフタを閉めても、その生地が上のプレートまで届かずうまくウロコ模様がでなくて生焼け状態に。

 説明書には型の半分と書いてあったけど、まさに半分がいい感じ。結構難しいんだけど。中心に流してあとは細めのスプーンで全体にのばすとやりやすかった。

091229_203045.JPG 091229_203613.JPG
 何はともあれこの形ができて感激でしょ。水を入れるだけでできる白い鯛焼きミックスも欲しいな。