ドルチェグストのある生活更新履歴

ドルチェグストのある生活更新履歴

2010年3月新機種MD9742が発売になりました。とってもスタイリッシュでコーヒーメーカーとは思えない。

  

2009年4月新機種が発売になり、家電量販店や楽天ショッピング等で購入できるようになりました。カプセルも購入できるし、私は楽天のヘビーユーザーなのでポイントも使えるしうれしいです。

  

 楽天でドルチェグスト最安値をチェック

2007年11月から2008年12月までの我が家のカプセル代は、36648円でした。
大体1日100円ですね・・。来客も多いのですが、最初の頃飲み過ぎたので2年目はもう少し減るかなと思います。カプセルはセブンネットショッピング限定商品もあり。

2008年4月12日  ドルチェグストのある生活ホームページバージョンができました。内容はほぼ同じですが、ブログより読みやすいかも??

管理人へのお問い合わせ&ご連絡はこちらのページよりお願いします。

ドルチェグストのある生活とは?

ドルチェグストのある生活とは?

 ドルチェグストのある生活・・。私の生活にドルチェグストが加わってから、簡単に優雅なコーヒータイムを楽しむことができるようになり幸せがアップ。


icon
icon

 こんなスタイリッシュなマシンが届き、カフェよりおいしいカプチーノをいれてくれるの。そんな素敵なドルチェグストのある生活を一人でも多くの人に伝えたいなと思って、このブログを作成したよ。ドルチェグストの基本的な事から、アレンジメニュー、便利に使えるカップ類等、ちょっとマニアックに紹介中。購入を迷っている人にぜひぜひ参考にしてもらえたらうれしいな。

 左のカテゴリーから好きなメニューを選んで読んでもらってもいいし、このまま下に下がると順番に全部読めるようになっているのでお好みでどうぞ。

 あなたもぜひ体験してみてね。あっという間にカフェの味ドルチェグスト

 リンクはフリー。バナーもよかったら使ってね。

bana.gif http://med.sugarheart.com/blog2/

 当サイトの内容・画像(写真)・デザインの複製・無断転載は一切禁止とさせていただきます。当サイトの情報等は、私の判断に基づくものですので、自己責任においてご利用くださる様お願いします。いかなるトラブル・損害等が発生した場合でも、当サイトは賠償の責任は一切負いませんのでご理解お願いします。

(さらに…)

ドルチェグストとは?

ドルチェグストとは?

 ネスカフェが、家庭で楽しめるカプセル式”ホーム バリスタ”システムとして2007年11月1日に発売したドルチェグスト。北海道先行発売で、北海道ではCMや新聞広告、セブンイレブンでの無料試飲と大々的なプロモーションを展開。他の地域では実物を見ることさえもできなかったけど、岐阜県在住の私は発売日にセブンイレブンネットで購入。当時はセブンドリームドットコム。以前は独占販売だったけど今は家電量販店や楽天でも販売中。ただカプセルはセブンネットショッピング限定販売カプセルあり。

071115_131840.JPG

 ちなみに私がドルチェグストの事を知ったのは、ネスカフェの無料情報誌「Together Nestle(トゥギャザー・ネスレ)」。年に4回ほど会報が送られてきて、オールカラーのかなり読み応えのある内容だし、新商品の紹介やプレゼントもあってとても楽しみにしているの。会員専用のもれなくもらえるポイントキャンペーンなんていうのもあって、すごく豪華だったり。

 この会報をもらうためには会員にならないといけないんだけど、会員募集をしている訳ではなく、ネスカフェの懸賞に応募したりしていると案内が届くみたい。私はもう8年ほど前から会員なので、ちょっときっかけが不明。

 話はもどって、その会報に載っていたドルチェグストに一目惚れ。

 ☆革新的なデザイン
    マシン!!って感じで、見ただけでおいしいコーヒーが飲めるって確信できるの。

 ☆プロの技術&機能的な本体
    こだわったコーヒーやミルクを最大14気圧で抽出するので、フォームドミルクもほわほわ。

 ☆簡単な操作
    レバーをスライドするだけの簡単抽出。あっという間にカフェの味。

 こんな工夫がされていて、自宅でカフェの味を楽しむ&バリスタになった気分を味わえるという夢の様なマシン。すごく高そうなんだけど、これが本体14800円(送料は別途800円もしくはセブンイレブンで受け取れば無料)。パチパチ!!そして、1杯あたりのお値段はというと、レギュラーコーヒー&エスプレッソが1杯50円。カプチーノとマキアートが1杯100円。このお値段なら、気軽に使えてうれしいでしょ。

 これを飲む様になってから、外でちょっとお茶したいっていうのが減って来ちゃった。そもそも今1歳6ヶ月の子供がいて、なかなかゆっくりお茶できない・・。それもあって、自宅でゆっくりしかも毎日楽しめるドルチェグストにはまり中。

(さらに…)

ドルチェグストの購入方法

ドルチェグストの購入方法

 ドルチェグストは、2007年11月1日に北海道で先行発売。それ以前にヨーロッパでも発売されていて、大好評だったみたい。

 北海道地区ではセブンネットショッピング
、イトーヨーカドーとアリオ札幌で販売。実物を見て買う事ができるよ。そして2008年3月1日から関西(兵庫県、大阪府、和歌山県、奈良県、京都府、滋賀県)で販売開始。6月には関東(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、 茨城県、栃木県、群馬県)で発売開始。そして2008年10月全国発売。その後家電量販店や楽天で販売開始。

 ドルチェグスト新機種は3カラー

 

ホワイト

 

レッド

 

ブラック

071114_183450.JPG 080118_170217.JPG
 
 マキアート用グラスと、カプチーノ用カップ。それにカプセル10杯分と作り方ガイド付き。届いたその日から楽しめるよ。

(さらに…)

ドルチェグストが届いたよ。

ドルチェグストが届いたよ。

 ドルチェグストが届いたよ。

071114_181234.JPG

 何を買ったか丸見えというか、宅配業者さんへの宣伝効果もあるかもってくらいの箱。

 私が買った時は、セブンネットショッピング独占販売で、送料込み15600円だったけど、楽天や家電量販店で発売された新機種は価格がお店によって様々。楽天でドルチェグスト最安値チェック

080115_150317.JPG 071114_185303.JPG

 お洒落で大満足。だけど思ったより大きくて、普通のコーヒーメーカーより頭1個飛び出す感じ。

 そしてこの日からドルチェグストのある生活が始まったの。 

(さらに…)

ドルチェグストの製品仕様

ドルチェグストの製品仕様

 ドルチェグストの部品を紹介。

071114_181234.JPG 080115_150317.JPG
  
 幅21.4センチ、高さ31.5センチ、奥行き33.0センチと少々かさばるけど、重量3キロなので持ち運びも簡単。

080115_150517.JPG 

 バラバラにするとこんな感じ。一般的なコーヒーメーカーより断然部品が少ないし洗いやすいものばかり。

080115_150607.JPG

 水のタンクが取り外せるのがとっても便利。

 その1・水をくみやすい。これだけ持って水道口まで移動可能。
 その2・口が広いので、中まできれいに洗うことができて清潔。
     少々水切れが悪いんだけどね・・。

080115_150629.JPG

 左がカセットをセットするカプセルホルダー。これを洗えばいいだけ。右は本体のすすぎ用のホルダーに使うもの。初めて使う時には、すすぎをしてからと取扱説明書に書いてあるし、たまにすすぎたいと思う。ちなみにホルダーをセットしないで水を出すと、飛び散って大変な事になるよ。

 湯アカの除去は、別売りの専用洗浄剤を使って除去できるみたいだけど、2000杯くらい使ってからでいいみたいだから当分不要かな。平均1日1杯だとして、5,6年は平気かな。ちなみにちなみに1杯50円と100円なので、平均75円として1年365日で27,375円ドルチェグスト代がかかるということになる。結構大きいかも・・。

080115_150651.JPG
 
 そして使用済みカプセルホルダー入れ。使う時は重ねて。これがあるとスマートに処理できて便利。
 

(さらに…)

ドルチェグストの使い方

ドルチェグストの使い方

 ドルチェグストの使い方はとっても簡単。専用カプセルがあり。セブンネットショッピング限定販売カプセルもあり。

080115_145955.JPG


icon
icon
iconicon
iconicon

icon
icon

icon
icon

 カプチーノと、ラッテマキアート、カフェモカ、チョコーノは、ミルクカプセルとコーヒーカプセルの2種類がセットになっていて、同じ手順で2回抽出するだけで、簡単&本格的にできちゃうの。すごいでしょ。温めたミルクを泡立てる必要もないし、使用後はカプセルホルダーを洗うだけ。

 コーヒーメーカーだと、フィルターのゴミも出るし、パーツをいくつか洗わないといけないけど、それもないし、カプチーノいれて、エスプレッソいれてなんてこともできちゃうし。フォームドミルク作成ポットを出す必要もないし。お客さんが「えーすごーい!」って言うのが快感になっちゃうの。

(さらに…)

ドルチェグストクラブが楽しみ

ドルチェグストクラブが楽しみ

 ドルチェグストの購入者を対象としたドルチェグストクラブ。購入したときに登録ハガキが入っていて、本体裏の製品番号を書いて送り、2008年2月から開始のお知らせ到着。

 最初に本体と一緒についてくるスターターキットとおそろいの、カップ類やミルクポットの写真が載っていて、会員になると購入かポイント交換が可能。

080115_150016.JPG

 これがカプセルの箱についてるポイント。1箱798円なので70ポイント。ちなみにネスカフェの他の懸賞にも利用可能。

080115_145906.JPG
 
 そしてこれがスターターキットのカプチーノ用カップとマキアート用グラス。エスプレッソとカフェルンゴ用のカップもカプチーノと同じもので、どれもすべて2客で1890円。3000ポイントで交換可能。

 他には、ミルクジャグやシュガーボウル、スプーンのセットなど。とくに欲しいものがないんだけど、しいていえばカプセルボックスかな。ブラックとレッドとあり、本体がレッドだからレッドを横に置いてもいいかも。ただ1575円または2500ポイントなんだけど、2500ポイント集めるのは結構大変。1箱(8杯分)に70ポイントなので、36箱576杯(2カプセル利用タイプは288杯)飲まないといけない計算。今のところお客さんに出す分も含め平均1日1杯飲んでいるし、カプチーノを多く飲むとはいえ、1年近くかかりそう。

 ボーナスポイントもあって、一度だけ紹介制度もあったし、たまにカプセルを購入してレシートを送るとポイント2倍というのも。クラブサイトにログインすると自分のポイント数が見れるんだけど、内訳がないのでよくわからないんだけど。

 せっかくならキューリグコーヒーシステムの様なカプセルホルダーが欲しい!って思っていたら2009年秋のキャンペーンでカプセルホルダー当選。

100111_220148.JPG 100111_220332.JPG
 カプセル32個と箱も2箱収納できて回転式。とっても便利。でも本体くらい大きくて少々邪魔。これも販売したら売れると思うのに。そのうち交換商品にもでるかな。

 2箱購入してレシートを送るってものだったけど、グラスとか毎回当選。まだ持っている人も少ないからかな。

(さらに…)

ネスカフェバリスタとの違い

ネスカフェバリスタとの違い

 2009年4月に同じくネスカフェよりが発売されたバリスタこっちの方が1杯あたりのコストがかからないしよかったかも。ちなみにイオンショップ限定販売。あとから楽天でも販売されたよ。

 サイズもコンパクト。バリスタの一番の特徴はチャージ用のインスタントコーヒーを使用すること。ざっくり言うと、インスタントコーヒーが最大限においしく飲める機械ってとこかな。

 種類はブラックコーヒー、マグカップサイズのコーヒー(量が多い)、エスプレッソ、カフェラテ、カプチーノがボタン一つ押すだけ。濃さは自分の好みで変えることができそれを記憶して次回からはその量がでるとのこと。かしこい!
 
 牛乳は自分で用意して、カップにいれ置いてボタンを押すと、熱湯ジェットで泡立ててくれる。コストは1杯21円。ドルチェグストの100円に比べたらかなりお値打ち。エスプレッソを氷の入ったグラスにそそげばアイスコーヒーも楽しめるとのこと。

 コーヒーは1度入れたら空になるまで常にセットした状態でいいし、洗い物も水タンクのみだしボタン一つ押すだけ。ドルチェグストも簡単だと思ったけど、もっと簡単。普通にインスタントコーヒー作るより簡単かも。

 香味焙煎とゴールドブレンドの2種のみ使えるんだけど、これで味がよければ、すごくいいんじゃないかと。イオンで山積みになっているのは見たことあるけど、試飲しているところには行ったことなくて。もし味がよければ、このバリスタに乗り換えたいなって思う今日このごろ。どこかで試飲させてもらえないかなー。

 本体も安いし、ドルチェグストの価格やカプセルで迷っている人にはこっちの方がオススメ。

 ☆イオンショップでバリスタをチェック

 ☆楽天でバリスタをチェック

(さらに…)

ネスプレッソとドルチェグストの違い

ネスプレッソとドルチェグストの違い

 ドルチェグストと同じく、ネスカフェが製造販売しているネスプレッソ。デパートの家庭用品売り場等で、販売されているのを見たことがある人も多いと思うけど、すごくあごがれていた私。

  

 コーヒーフレッシュと同じくらいの大きさのカプセルが、お洒落な箱に並んでいてまるで宝石の様。普通のコーヒー用のカプセルもあるみたいだけど、エスプレッソがメインで、いろんな種類があるの。1個当たりは70円ぐらいだけど、本体がすごく高い。フォームドミルクを作るためのノズルがついているものなんて4万とかするし。エスプレッソだけを飲むっていうのもなんとなく物足りない感じがするし、わざわざミルクを温めて泡立ててって面倒だし、憧れるけど私には高いだけで使いこなせないなと。でもキッチンに置いてあったらお洒落だなーって。

 そんなことを何年も思っていたらドルチェグストが発売された。こちらは、エスプレッソはもちろん、カプチーノ、マキアート、レギュラーコーヒーもあって、レバー一つですぐに入れられるし、将来的には、ココアやアイスコーヒーも販売されるとのこと。そして価格もお手ごろ。絶対こっちの方がお得だわ。

 ただカプセルはコーヒーフレッシュサイズのネスプレッソと違って、かなり大きくかさばるし、お洒落ではないけど・・。

071114_181828.JPG
 
 左手前がコーヒーフレッシュ&ガムシロだよ。

(さらに…)

キューリング・コーヒーシステムとの違い

キューリング・コーヒーシステムとの違い

 ネスカフェが発売したドルチェグストは、私個人的に超画期的だと思ったし、こんな商品を開発したネスカフェってすごい!えらい!ありがと!って感じなんだけど、購入からしばらくして類似品を発見。画期的!なものは他にもあるのね。

 UCCのコーヒーを使っているキューリグコーヒーシステムというもの。

 すっきりしたデザインでいい感じ。

 

 1カプセル84円。ドルチェグストが50円と100円だからそんなに変わらないかな。でもすごいのは15種類のカプセルがあるということ。いろんな種類のコーヒーと、ウーロン茶や紅茶、玉露入り緑茶にジャスミン茶なんてのもあって、コーヒーが苦手な人も楽しめるの。ネスプレッソみたいにカプセルを飾れるホルダーもあり。カプセルを飾るのがかっこいいと思うのは私だけ??ドルチェグストもホルダーがあるといいのになー。って思っていたら2009年秋のキャンペーンでカプセルホルダー当選。

100111_220148.JPG 100111_220332.JPG
 カプセル32個と箱も2箱収納できて回転式。とっても便利。でも本体くらい大きくて少々邪魔。これも販売したら売れると思うのに。そのうち交換商品にもでるかな。

 キューリグコーヒーシステムの方がいいのは、抽出量を3段階で調節できること。ドルチェグストは、レバーでスタートとストップをして量を調節しないといけないので、目分量な感じだけどキューリグコーヒーシステムというもの。は量をボタンで選ぶとその量だけ抽出される。一番量の少ないものにすればアイスコーヒーもできちゃうんだって。

 気になる値段は、本体とカプセル15種類すべてが試せる20個付きで19800円送料無料。ドルチェグストも定価19800円が15600円ってなっているし、こういう機械はそのくらいが相場って事なのかな。

 ひろーいキッチンだったら、2台並べてつかいたいところだけど、邪魔だし無駄遣いだし我慢。ドルチェグストの新しいカプセルがたくさんでて、バラエティー豊かになることを願うわ。

 

(さらに…)

ドルチェグストのカプセルの中身はどんなの?

ドルチェグストのカプセルの中身はどんなの?

 ドルチェグストのドルチェグスト専用カプセルは時期によって種類がいろいろ。セブンネットショッピング限定販売カプセルもあり。

 エスプレッソ・カフェルンゴ(レギュラーコーヒー)・カフェルンゴマイルド・カプチーノ ・ラッテマキアート・ラッテマキアートノンスイート、・アイスコーヒー・チョコチーノ・カフェモカ。カプチーノやラッテマキアートは、ミルクカプセル&コーヒーカプセルを2つセットで使用。4種類のカラーも違うし、ミルクカプセルは白でコーヒーカプセルは焦げ茶色なので、間違えることはまずないと思う。

071114_181828.JPG 080116_124117.JPG

 写真左下のガムシロやコーヒーフレッシュと比べると、ちょっと大きくてかさばるこのカプセル。使う時はホルダーにセットするんだけど、ホルダーには針の様なものがあってプチンと指して使うの。その瞬間からコーヒーのいい香りがふわーっと広がって早く飲みたい!!って思っちゃう。

071114_184357.JPG 080115_231757.JPG

 カプセルの中はどうなっているのか、使用済みカプセルをあけてみた。ミルクカプセルの方は、粉末が入っていたみたいで何もなくなっていたけど、コーヒーの方は、半分くらいのところに穴がいっぱいあいた仕切があり、その奥に細かく挽いたコーヒーが入っていて、それを出したらちょっとボコボコした面が出てきた。

 ちなみに抽出終了後、ホルダーごとカプセルを取り出す時には、まだカプセルの中に落ちきれなかったコーヒー類が残っていて、ポタポタ落ちるので注意してね。

 ちなみにちなみに、カプチーノや、マキアートのミルクカプセルだけ、コーヒーカプセルだけを使うとどうなる??って思ってそれも試してみた。それはまたアレンジ編にアップするのでお楽しみに。

 あなたもドルチェグストを体験してみては?
 

(さらに…)

ドルチェグストのアイスコーヒー

ドルチェグストのアイスコーヒー

 ドルチェグストに2008年6月4日新しいカプセルが!!待ちに待ったアイスコーヒーicon

 セブンイレブンネットショッピングでアイスコーヒーiconチェック。

080618_022522.JPG

 カプセルも涼しげ。私はホットコーヒーよりアイスコーヒーが断然好きドルチェグストを買ってから、カフェで飲むのがもったいなく思っていたけど、アイスはないし、好きだからよく飲んでいたけど・・。

 ちなみに入れ方は今までと同じホットで。抽出レバーは左右に動かせて、片方はホット、片方は常温で出てくるんだけど、この常温はなんのためにあるんだろう??後日アイスカプチーノが発売され、ミルクカプセルはこの常温で入れることに。

080617_161647.JPG

 氷を入れたグラスに90ccとのことだけど、量がはっきりわからないのでエスプレッソカップに入れてから、氷を入れたグラスに注ぐことに。こういう風に出てくる喫茶店もあるね。私はアイスは少し甘い方が好きなので、この時点でお砂糖をとかし氷へ。

080617_161732.JPG

 カランカランと氷の音だけでも涼しげな感じ。味はもう満足。超おいしい!香ばしくてもう本当にカフェで280円とか出すのばかばかしい。家で50円で飲めるなんて。今回は2箱32杯分購入したけどすぐになくなりそうだわ。

(さらに…)

ドルチェグストのエスプレッソ

ドルチェグストのエスプレッソ

 エスプレッソだけを飲んだ事ってほとんどなかった私。カフェではまず頼まないし。いつも頼むのは決まっていてアイスラテ。アイスラテがない場合は、アイスコーヒー。外で飲むアイスラテがおいしいのはエスプレッソでいれているって知ったのは4,5年前だったと思う。その時にエスプレッソってすごい!!って思ったんだけど、家ではいれられないし。それがドルチェグストだと家で飲めちゃうのよね。

 ☆楽天でカプセルをチェック

 ☆セブンネットショッピングエスプレッソiconをチェック
 
080117_131417.JPG 080117_131948.JPG
 
 エスプレッソは60mlなので、エスプレッソ専用カップがオススメ。写真のものは、ポーセラーツの先生をしているお友達の手作り。カップ受けの高さは3段階に調整できるので、一番高くして。

080117_132045.JPG
 
 とーってもいい香りだけど苦みが口の中に広がって、感想としては「苦い・・」。こんなに量が少ないと飲み足りない気がするけど、濃厚なので充分。他でエスプレッソを飲んだことがないので、これがおいしいのかまずいのか判断しかねるけど、飲みなれていないだけで、この味にはまるときがくるのかも。今はまっている本物のコーヒー豆が入ったチョコをぽりぽり食べながら飲んだら、チョコの甘みとちょうどよかった。カフェインとりすぎだわ。でもエスプレッソだけを飲むより私はアレンジした方が好き。アレンジ編はまた後日。

 

(さらに…)

ドルチェグストのカフェモカ

ドルチェグストのカフェモカ

 2008年4月1日に発売になったドルチェグストの新カプセル・カフェモカicon

 このカプセルはセブンネットショッピング限定販売。

080406_164641.JPG

 モカがつくコーヒーは、チョコが入っていると思っていたらココアなのね。まずココアカプセルを170ml。この時点で飲んでみたけど、すごくうすいココアのようなコーヒーのような。そこにコーヒーカプセルで40mlで完成。

080406_165445.JPG

 2層にはならず、ちょっとパッケージと違うような気がする・・。そして味は、感動的ではなくちょっと残念。なんか物足りない感じがしちゃうの。薄いというか。ココアの抽出量がもしかしたらちょっと多かったからかも。これならカプチーノの方がいいわと思っちゃった。

 2009年にモカにリニューアルしたよ。飲んでみたけど違いがわからず。

(さらに…)

ドルチェグストのカフェルンゴ

ドルチェグストのカフェルンゴ

 カフェルンゴiconって何???って思ったら、普通のコーヒーだった。なぜルンゴ?って思って調べたら、イタリアではコーヒーといえば、エスプレッソのことで、ルンゴというのは薄めたコーヒーのことらしい。もちろんイタリアではコーヒーではなくcaffe(feを強く)と発音するみたいだけど、それがエスプレッソとのこと。イタリアでコーヒーが飲みたければ「ルンゴ」といえば分かってもらえるかもしれないけど、そういう場所ではエスプレッソが飲みたいわなんてヨーロッパには行った事のない私だけど。

 ☆楽天でカプセルをチェック

 ☆セブンネットショッピングカフェルンゴiconカプセルをチェック

080116_123943.JPG

 ドルチェグストは抽出量を自分で調整しないといけないので、カップを温める時に、計量カップで計ったお湯をいれておき、だいたいの位置を覚えておくと便利。

080116_124307.JPG

 私のお気に入りのトトロのカップ&ソーサーは、ちょっと深さがあるタイプなので、3段階に調節できるカップ受けを中間にするんだけど、それだと抽出口からカップまでの高さがあって、ちょっとぶれる感じ。

080116_124429.JPG

 この泡立ち感がプロっぽいし、コーヒーメーカーでは絶対出せないよね。でもそこを見て欲しいわけじゃなく、飛び散ってしまったところがいまいちなのを見て。ちょっとマニアック?これをきれいにいれようと思うと、手でカップを持って抽出口に近づけるのが一番だけど少々美しくない・・。これに合うカップを探すのが一番かな。専用カップもいずれ購入可能みたいだけど、もっとお洒落なのが欲しいな。

080116_124727.JPG
 
 味は結構濃い感じなので、私は抽出量を多めに。こんな本格的コーヒーが50円で飲めるのはドルチェグストだけ

(さらに…)

ドルチェグストのカフェルンゴマイルド

ドルチェグストのカフェルンゴマイルド

 4月1日に発売になったドルチェグストのカプセルカフェルンゴマイルドicon

 セブンネットショッピング限定商品

 カフェルンゴは少し濃すぎる感じだったので、マイルドになって飲みやすくなることを期待。

080407_215725.JPG

 泡立っておいしそうなできばえは同じ。

 カフェルンゴを飲みなれてしまったからか、ちょっと物足りなく感じちゃった。酸味も強い気がして、ホットコーヒーを好んで飲まない私としては、おいしいのかおいしくないのかも分からず。カフェルンゴの濃厚さの方が、おいしいコーヒーというか、家では出せない味って感じがしていいかも。

(さらに…)

ドルチェグストのカプチーノ

ドルチェグストのカプチーノ

 ドルチェグストで一番オススメなのがカプチーノ。オススメというより、カプチーノ専用マシンであってもいいくらいおいしい。

 ☆楽天でカプセルをチェック

 ☆セブンネットショッピングカプチーノiconカプセルをチェック

071115_160706.JPG 071115_160824.JPG

 スターターキットのマキアートのグラスでいれてみた。2層になった感じがなともきれいでしょ。

 でもこのマキアートグラス、重いしヒビが入ってしまったので、私はポダムダブルウォームグラスを愛用中。グラスが2層になっているので、熱い飲み物を入れても熱くないし、冷たい飲み物を入れても結露がつかずとっても便利。そしてなにより見た目がきれい。

080205_173204.JPG 071125_175436.JPG
 おいしいカプチーノがもっとおいしく感じるよ。右の写真手前の紅茶もお洒落でしょ。

080118_170217.JPG

 こちらはスターターキットのカプチーノ用カップ。せっかくの2層がこれだと見えないし、もったいない。ただ、取っ手の位置で、抽出量がわかるようになっているので、その点では便利だけど。スプーンはアレッシのハートスプーンを愛用中。ハート型がかわいいでしょ。

 カプチーノって外でほとんど飲んだことがなく、ファミレスのフリードリンクで飲むくらい。泡はいいけど、なんとなくコーヒー成分が薄い感じがしておいしいというより、家ではこの泡ができないから飲むって感じだった。それがドルチェグストだと、コーヒー部分もしっかりしているし、ふわふわの泡がたまらないし、「400円いただきます」ってくらい。量もたっぷりなので1杯でお腹いっぱい満足。こんなおいしいカプチーノが家で飲めるなんて、超幸せ。

 あらためてド○ールで、カプチーノを頼んでみた。
 
080120_152159.JPG

 やっぱりこうやってみると、このふわふわ感に、外で頼む価値はあるかもって思うけど、やっぱり薄い感じがして物足りない。私だけかな??わざわざお金出して物足りないカプチーノを頼むより、家に帰って自分でいれて飲もうって思っちゃうわ。
 

(さらに…)

ドルチェグストのチョコチーノ

ドルチェグストのチョコチーノ

 4月1日に発売になったドルチェグストのカプセルチョコチーノ。名前がかわいい!チョコかと思えばココアなんだけど。

 ☆楽天でカプセルをチェック

 ☆セブンネットショッピングチョコチーノiconカプセルをチェック

080406_164405.JPG

 ミルクカプセルとココアカプセル。まずは真っ白の泡あわを110ml、次にココアを100ml。ふわふわに泡だったおいしそうなココアが完成。

080406_165143.JPG
 
 下の方が白く2層になっていたものの、すぐに混ざってしまったけど、ココアとは思えないできあがり。そして味は、「あまーーい」by某お笑い芸人って感じ。結構甘め。シナモンの香りがほんのりして、これがいい!シナモンってあまり好きじゃないから、原材料にシナモンって書いてあるのをみて、シナモンいらないのにって思ったけど、ほんのりでちょうどいいし、シナモンによって普通のココアでは味わえない高級感を感じることもできすごくおいしかった。疲れた時に飲んだら、「ほっ」とするおいしさ。

080406_170329.JPG

 カプセルの中身は両方とも粉末。ココアはインスタントのココアで充分かもって思っていたけど、やっぱり泡立ち感からして、家で飲めるのはドルチェグストのすごさだなーって思う。子供も飲めるし、カプチーノと並ぶお気に入りになりそう。

 ちなみに過去の発売分のカプセルのパッケージはすべて日本語表記だったのに、4月1日発売分のカプセルのパッケージは英語表記のものに日本語説明のシールが貼ってあった。英語説明だと、ココアカプセルが先、ミルクカプセルが後になっていて、日本語説明は逆になっていた。

080406_170607.JPG 080406_170630.JPG

 日本語説明の順番で作ってみたけど、逆にするとどうなるのか。ということでやってみたよ。

080407_141805.JPG

 2層がちょっと中途半端。やっぱりミルクカプセルが先の方がきれいだわ。

(さらに…)

ドルチェグストのラッテマキアート

ドルチェグストのラッテマキアート

 マキアートってあまり飲んだことがなかった。スタバのキャラメルマキアートが好きって友達に勧められて一度飲んだ事があるものの印象を忘れてしまって・・。

 ちなみにカプチーノとマキアートの違いは、カプチーノはスチームドミルク(ホットミルク)とフォームドミルク(泡立てた牛乳)を使って、マキアートはスチームドミルク(ホットミルク)を使うということらしい。カプチーノの方がほわほわ感が強いってことね。

 ☆楽天でカプセルをチェック

 ☆セブンネットショッピングラテマキアートiconカプセルをチェック

071114_183339.JPG 071114_183409.JPG

ドルチェグストのラッテマキアートも少しは泡だった感じ。

071114_183844.JPG

 こちらも2層になってとってもおいしそう。個人的にはカプチーノの方が好きかも。コーヒーが薄い感じがして、何か物足りない感がするのよね。アレンジしておいしく飲もうとキャラメルシロップを購入。詳しくはアレンジ編で。

 

(さらに…)

ドルチェグストの今後発売予定カプセル

ドルチェグストの今後発売予定カプセル

 ドルチェグストのカプセルは、2007年11月発売当初はカフェルンゴ、エスプレッソ、ラッテマキアート、カプチーノの4種類。

 そして2008年4月1日にチョコチーノ、カフェモカ、カフェルンゴマイルドが発売された。4月発売分のパッケージは英語表記のままだったので、海外で発売されているものがそのまま来たんだけど、そのパッケージにはまだ日本で発売されていない味が載っていた。

080406_164606.JPG
 
 アイスカプチーノicon!!飲みたーい。(2009年春発売されたよ。私的にはいまいちだった。)他にもデカフェのエスプレッソ。これもいいよね。夜遅くにも楽しめるし。それからエスプレッソINTENSOというもの。濃厚って事かな。エスプレッソは充分濃厚だけど、牛乳をいれてカフェラテにするときにマグカップ1杯ぐらい飲みたいとなると、2カプセル分いれないと薄い感じがするので濃厚だとうれしいかも。

 海外のドルチェグストのアドレスが載っていたので見てみた。コチラ。エスプレッソ2種とアイスカプチーノしか目当たらしいものはなかったけど。

 そして2008年6月4日アイスコーヒー発売!暑くなってきたしうれしいわ。

080115_145955.JPG

 カプセルを見せる収納できるといいのになー。何かいいのないかな。ドルチェグストコーナーみたいに飾りたいけど、そこまでスペースがないからどっちみち無理なんだけどね。

(さらに…)

4月上旬新カプセル発売!

4月上旬新カプセル発売!

 ドルチェグスト専用の新しいカプセルが2008年4月上旬発売とのこと。楽しみー。

 ☆楽天でカプセルをチェック

 ☆セブンネットショッピングでカプセルをチェック

080302_224335.JPG
 
 カフェモカiconチョコチーノiconカフェルンゴマイルドiconの3種類。カフェモカ&チョコチーノは2カプセルタイプ。どんな味なのかすごく楽しみ。チョコ好きにはたまらないかも。スターバックスでよくモカフラペチーノを頼むし、コーヒーにチョコレートシロップを入れて飲むのは好きなので、それがまたお手軽に飲めるようになるなんてうれしい。カフェルンゴは濃厚すぎてちょっと苦手なので、マイルドだったらもう少し飲みやすくなるかな。

(さらに…)

ドルチェグストカプセルの再利用方法

ドルチェグストカプセルの再利用方法

 ドルチェグスト専用カプセルはプラスティック製で結構しっかりしているし、ガムシロなんかと比べると結構大きめ。

071114_181828.JPG

 もちろん1回使い捨て。何か他に使い道はないかと考え中なんだけど、インスタントコーヒーを入れたらどうなるんだろう??ってアホな事を思いつきやってみた。

080115_231757.JPG 080115_152522.JPG

 中身をきれいにして、インスタントコーヒーをいれてみた。気圧がかかっておいしくなるかなと。

080115_152623.JPG 080115_152901.JPG

 泡だってなんかおいしそうでしょ。でもこのあと悲惨な状態に・・。

080115_152644.JPG

 カプセルにフタがないので、上からあふれてしまって、カプセルホルダーをつたってポタポタと・・。

080115_152749.JPG
 
 慌ててとめたけど、カプセルホルダーをセットする本体部分がすごく汚れて最悪。そしてお味は・・。すっぱくてまずい。コーヒーメーカーで長時間温めたまま放置したコーヒーみたい。どうしてここまでまずくなるんだろう。誰もやらないと思うけど、絶対やらない方がいいよ。

 他にもっといい再利用方法をまた考えたら載せるね。

 

(さらに…)

ドルチェグストのエスプレッソアレンジ

ドルチェグストのエスプレッソアレンジ

 ドルチェグストでいれたエスプレッソicon

 ☆楽天でカプセルをチェック

 ☆セブンネットショッピングエスプレッソiconカプセルをチェック

080117_131417.JPG 080117_132045.JPG

 エスプレッソってそのままでは飲み慣れないので、牛乳と合わせてカフェラテに。外で飲むカフェラテがおいしいのはコーヒーではなくエスプレッソを使っているからって知ったのは、4年くらい前かな。エスプレッソ自体と接点がほとんどなかったので、衝撃的だった。すごいじゃんエスプレッソってドルチェグストがあれば、家でもおいしいカフェラテがたのしめちゃうよ。

071115_132002.JPG

 冷たい牛乳にいれてアイスカフェラテ。牛乳を先にいれておけば、2層になってきれい。もちろん満足の味。

080119_203258.JPG

 温かい牛乳にいれてカフェラテ。こちらは2層があまりきれいじゃなさそう。もっといえば、牛乳ではなくマキアートに使うスチームドミルクとエスプレッソでカフェラテとのことなので、マキアートのミルクで作るといいかも。

 そしてデザート。

080117_132122.JPG 080117_132259.JPG

 温かいエスプレッソをバニラアイスの上にかけて食べるアフォガード。これも自宅で楽しめちゃうの。ちょっと難点なのが、絶対買わない方がいい人のカテゴリーにも書く予定だけど、エスプレッソ自体の温度が低いこと。ドルチェグストでいれたコーヒー類はすべて65度になるので、アイスにかけてもちょっと溶け具合が悪く、エスプレッソが冷たくなる方が早かったりして。でも味は楽しめるし、なんか優雅な気分が味わえて楽しいよ。

 

(さらに…)

ドルチェグストのカフェルンゴアレンジ

ドルチェグストのカフェルンゴアレンジ

 ドルチェグストでいれたカフェルンゴ。細かい泡が本格的。

 ☆楽天でカプセルをチェック

 ☆セブンネットショッピングカフェルンゴiconカプセルをチェック

080131_201825.JPG

 このカップは贈り物の和心屋のハートが浮かぶカップ。そしてスプーンはアレッシのハートスプーン。ハート好きな私。お客さんが喜んでくれるし、これを見て同じモノを購入した人が3人。そして今後ドルチェグストを買う人もでてきそう。

 カフェルンゴはかなり濃厚なコーヒーなので、わたしは抽出量を多めに。普段ホットコーヒーをほとんど飲まないので、それでも強い。なので・・。

080131_201915.JPG

 生クリームをハート型に絞ってウインナーコーヒー。ウインナーコーヒーはもともと濃いめのコーヒーに合うとのことなのでピッタリ。生クリームが苦手な私だけどマイルドになっておいしかった。

 あとは牛乳にいれて、カフェオレ。豆乳にいれてもいいかも。他にもやってみよっと。

 

(さらに…)

ドルチェグストのカプチーノアレンジ

ドルチェグストのカプチーノアレンジ

 ドルチェグストのカプチーノは一番おいしいので、アレンジする必要もないんだけど・・。

 ☆楽天でカプセルをチェック

 ☆セブンネットショッピングカプチーノiconカプセルをチェック

080118_170217.JPG 080205_173204.JPG

 先にミルクをいれて、あとからコーヒーをいれるんだけど、左の写真の様にできあがる。表面は泡たっぷりなので、コーヒー部分をすくい出すようにしてスプーンでハート型に。超簡単なラテアート。正式なラテアートではないけど。今度ちゃんとしたラテアートにもチャレンジしてみよっと。

 ココアシフターがあればデザインカプチーノも簡単だしちょっと欲しいかも。

 

 コーヒーカットアウトの方がお手軽価格で手入れも簡単だから欲しいな。でもネットで送料払ってまで買うほどではないので、どこかで買いたいんだけど近所にはなく・・。

080115_233617.JPG 080115_234020.JPG

 カプチーノのミルクに抹茶ラテをお湯でといていれてみた。以前サ○マ○○カフェで、抹茶ラテを飲んだら牛乳がノドに残る感じでおいしくなかったけど、これはあっさり飲めておいしかった。でも比重が悪いのかうまく2層にならなかったのが残念。そして残りのコーヒーカプセルは、温めた牛乳にいれてカフェラテに。これはこれでおいしいけど、せっかくカプチーノがおいしいからちょっともったいなかったかな。

 

(さらに…)

ドルチェグストのラッテマキアートアレンジ

ドルチェグストのラッテマキアートアレンジ

 マキアートといえば、キャラメルマキアート。スターバックスで知ったメニュー。これを作らなきゃと買ってきたキャラメルシロップ。早速ドルチェグストのラッテマキアートをいれて、シロップを入れてみた。

 ☆楽天でカプセルをチェック

 ☆セブンネットショッピングラテマキアートiconカプセルをチェック

080127_153523.JPG

 結構たくさんいれないとキャラメル味にならないし、沈んでしまうので最後が激甘だったりしていまいち。スタバでキャラメルマキアートを飲んだ事って一度くらいなので、実際どうなのかわからず。公式サイトで見ていたら、キャラメルシロップではなく、バニラシロップがコーヒーに入っていて、トッピングがキャラメルシロップとのこと。バニラシロップの方がカフェラテにいれたり使いやすいから迷ったけど、キャラメルマキアートという言葉でキャラメルにしたのに失敗・・。同じキャラメルシロップでもハーシーのキャラメルシロップだとおいしいみたい。
 
 ドルチェグストのラテマキアートは、ちょっと物足りない気がするので、こういうフレーバーをいれて楽しめればいいなと思うので、今度はバニラにチャレンジしてみよっと。

  
 

(さらに…)

ドルチェグストに便利なスターバックスのクリエイトタンブラー

ドルチェグストに便利なスターバックスのクリエイトタンブラー

 ドルチェグストでいれたコーヒーを持って出かけたいので、スターバックスのタンブラーを購入。両サイドのステンレス製は冷めにくくて便利。

080109_175315.JPG 080109_174957.JPG

 トールサイズで受け皿をはずしていっぱいいっぱいのサイズだけど、おいしいカプチーノを持っておでかけできるのがうれしい。

 中央のは台紙が変えれるクリエイトユアタンブラー。ハート好きなので、ハートモチーフに。バックがなかなかいいのがなくて、とりあえず包装紙にハートのレースペーパーを。そして他にもいっぱい作成。

080109_191044.JPG 080109_191159.JPG

 去年使い終わったディズニーのカレンダーをカット。特にお気に入りはコレ。ちょっとクラシックな感じがいいでしょ。気分で変えられるっていうのがうれしいわ。

080113_202351.JPG

 そしてこのタンブラー。紙をはずすと透明なので、紙の内側にドルチェグスト専用メモリを。カレンダーなので、裏側も逆プリントになっているんだけど、そこにマジックで記入。ドルチェグストの不便な点は、自分で摘出量を調整しないといけないこと。なのでこのメモリがあると、どこまで入れればわかるので、とっても便利。

080116_002232.JPG

 メモリだけの用紙を作ったので、台紙を入れ替えてもいつも同じ量をいれることができる。ステンレスでいれるときも、この紙をそばにおいて計ったり。なかなかいいアイディアだと思うんだけど、他にもあるかな??

  

(さらに…)

ドルチェグストの使いづらい点

ドルチェグストの使いづらい点

 ドルチェグストは簡単で本格的においしいコーヒーをいれられる優れものだけど、使いづらい点が少々。

 一番大切なのにできないのがかなり難点なのが、抽出量の設定。カフェルンゴは120ml、カプチーノはミルク200mlとコーヒー40mlといったようにオススメの量が決まっている。オススメなので、あとはお好みでなんだけど、カップにメモリがあるわけでもないし、泡だったりしてよくわからないのに、自分でスイッチとなるレバーでオン&オフしないといけない。毎回目分量・・。

080115_145906.JPG 071114_183409.JPG

 スターターキットについている専用のグラスやカップだと、取っ手の部分までミルクをいれる目安があるけど、他のものを使う事も多いし。

080116_123943.JPG

 そういう時は、計量カップであらかじめ計ったお湯をいれてカップを温めつつ目安をチェック。そこに目分量でいれている。これがもしダイヤル式のメモリでもついていて、好きな量にメモリを合わせてスイッチオンなんてできればとっても便利なのに。いつかそういう新バージョンがでたら即買い換えちゃうかも。

 それからもう一つ、コードが異様に短いこと。約90センチ。

080115_150924.JPG

 テーブルにおいてコンセントに届かないことも。お客さんにもこれ短くて・・なんて見せると「ほんとだねー」なんて笑ってもらったり。普通のコーヒーメーカーや炊飯器のコードが130センチ前後なのに比べて、短い。どうも短すぎて使いづらいんだけど、そう思うのは私だけ??

 

(さらに…)

ドルチェグストを絶対買わない方がいい人

ドルチェグストを絶対買わない方がいい人

 ドルチェグストでいれたコーヒーの味で「まずい!!買うんじゃなかった」って思う人はいないんじゃないかな。コーヒーにこだわりのある人は、挽きたてで・・あれの方がおいしいのに・・なんてのはあるかもしれないけど、この価格と手軽さなら満足できると思う。

 でもでも別の理由で「買うんじゃなかった」って思う人はいると思うので要注意。それは「熱々のコーヒーじゃないと嫌」って言う人。なぜならドルチェグストのコーヒーは少々ぬるいので・・・。

080115_233227.JPG

 カップを温めたあとですすぎ用のホルダーをセットしてお湯のみを抽出。その時点で65度。私の機械だけが不良品?って思って、ネスレに問い合わせたら65度になるようになっているとのこと。

 コーヒーの適温って何度?って思って調べたら、私の調べた限りだけど、65度から70度くらいみたいで、カフェを経営している人が書いていたのは、82度から85度でいれて、提供する時点で65度になるようにしているとのこと。ぬるいって言われる事もあるみたい。確かにすぐに飲んでも「アチチチ・・」ってなることはなく、普通に飲めるし。

 以前お気に入りのカフェを知人に紹介したら、「あそこのお店でぬるいコーヒーを出されてね」なんて言われて、こだわりのお店なのにおかしいなーって思ったんだけど、こだわってそのくらいの温度だったのかも。私は気にならなかったけど、「ぬるい」という体感温度も人によって違うし難しいね。

 なので熱々好きな人は、熱々のカプチーノを飲めると思ったのに!!ってがっかりすると思うので、絶対買わない方がいいと思うよ。

 

(さらに…)