鬼滅の刃 全集中展 in 名古屋

8月最終日の月曜日、豊田市はなぜかこの日だけ夏休み。唯一の夏休みの予定、鬼滅の刃全集中展へおでかけ。チケットは抽選販売でなかなか当たらないとのことだったので、この日は名古屋市も含め学校があるからと思って狙ったら当たった。3件まで申し込みできたので、他にも平日の午後学校終わってから行ける日も応募してみたけどはずれた。

父娘がアニメも全部みてはまっているけど、私は登場人物の関係性もよくわからず。

名前も難しいから、名字はわからないけど、名前はなんとなく覚えたくらい。写真撮影可の場所も多いし、スマホでのゲームや、オプション購入の音声ガイドなど、色々楽しめた。

映像を見るところもあり、結構えぐいし怖い。小さい子もいたけど、こういうの見て大丈夫なのかなって思ったり。

そして一度会場を出てまた整理券をもらって物販会場へ。購入制限もあるし、毎日決まった数が補充されるのもあるけど、塩(地域限定)とクッキーは午前中に売り切れるとのこと。

我が家は第1部(10時から12時入場)で10時半くらいに入って、11時10分過ぎに物販会場に行ったけど、塩は売り切れてた。1会計につき1個しか買えないから、実質1人1個しか買えないけど、どのくらい用意されていたんだろう。在庫100個あれば残っていたと思うけど、30個とか少ないのかな。今後の地区ではもっと増産されるといいね。ちなみに愛知会場では「味噌かつ」と「手羽先」風味の塩だった。

欲しがっていたクッキー1600円は買えた。これも少なくて帰るときには残り6個だったので、1部のお客さんで売り切れそう。先週午後友達が行ったときに買えなかった分を頼まれたので2個購入。ちなみに購入制限は3個まで。

左愛知会場限定クリアファイル407円。右上色紙700円。右下アクリルマスコット1600円。

事前にグッズをチェックしてあれもこれも欲しいって言っていて、計算したら8000円とか小学生の買い物ではない金額だったけど、実際に見て変更したのもあり、4000円くらいかな。アクリルマスコットも写真で見るとあまりよくわからないけど、スタンドになっていて実物はとてもきれい。

そして色紙。監督、キャラクターデザイン、作画監督等、作画に関わったスタッフがそれぞれ描いたもので、会場にも展示してあってとても見応えあり。作風もそれぞれなので好みもあるけど、中身がわからないランダムなので・・。飛ぶように売れているというか、きもちいいくらい大量買いする人がいっぱいいてすごいなーって。全73種。コンプリートする人もいるのかな。ほんと経済効果すごい。

第1部が10時から12時で、300人くらいを時間で分散しているので、すごく空いている状態でみることができた。いままでだったら、3倍くらい、いやもっと入っていたかな。ここまで制限するとチケット取るのも大変で、収益にもかかわりそうだけど、ゆっくり見れて満足度は高いかも。

夏休み旅行もどこにもいかなかったので、楽しみしていたものに行けてよかったわ。その後ちょっと贅沢にお昼ごはん。続く。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク