TAOYA志摩とおやつパークのミーハー旅行

最近話題の2つの場所へ、夏休み家族旅行。4月にオープンした大江戸温泉物語 TAOYA 志摩(旧 タラサ志摩ホテル&リゾート)。色々な情報番組等で紹介されていて、いきたいなって思って調べたら満室ばかりでびっくり。でも公式サイトで調べたら空いてたりして。システム上、大人4名で入れないとダメみたい。子供を1人でも入れると満室になるってちょっと残念。そのうち改善されるかなと。

全室オーシャンビュー。このかぼちゃをはじめ芸術作品がいっぱい。目の前が、鳥羽白浜海水浴場で海水浴もできるので、今回の旅行の目的の一つ。子連れで海水浴って、何かと面倒で、冬の石垣島と夏の八丈島しか行ったことがない贅沢な我が家。八丈島もすごくきれいだったけど、お天気悪くて寒くてね。

この日は台風の翌日で急に暑くなって海水浴日和。チェックイン前の11時から更衣室、ロッカーシャワーが使えるとのことで、ちょうど11時頃到着。ロッカーの数が少ししかなくて困った。仕方なく海まで持っていった。

海にはいかだが浮かんでいて、滑り台もあり、飛び込みしたり。海はなんか海藻がいっぱい。

こんな太い茎の海藻があったり、波打ち際は海藻だらけ。でもその海藻の上を小さな魚が結構いたので海はきれいなのかなと。海の家の今年の情報がないなと思ったらつぶれてて、建物はあるけど、トイレがむき出しだったり。別の仮設トイレができていたり、簡易テントで少しだけ飲食の販売してた。海の家で買って食べるのもいいかなと思って少ししか持っていかなかったので、簡易テントで買ったけど、ものすごーく時間がかかったので、持ち込みがおすすめ。

15時すぎまで海で遊んで、夕食を17時(17時、17時20分、19時、19時20分の四択)にしていたのでバタバタ。海の更衣室、プールの更衣室、お風呂の更衣室と全部別で、お風呂にはお部屋のタオルを持っていかないといけないので、海からお風呂というのはできず結構大変。お風呂の時間が30分くらいしかとれず夕食。

お料理がとってもきれい。情報番組で何度もみてしまって感動薄いけど、ハーゲンダッツのアイスクリームも食べ放題。土日はアルコールの飲み放題もサービス。飲まない我が家としては必要ないから価格下げてほしいなって思ったり。せっかくだから1杯だけ飲んで、あとはノンアルコールカクテルを飲んでみたり。

以前のホテル、タラサ志摩って名前は知っていたけど、高級なイメージしかなく、詳しく調べたこともないけど、名前はかなり知られていたと思う。それでもうまくいかなかったものを大江戸温泉が再建するとのことで、経営ノウハウ的なものなんだろうなって思う様々なサービスがあって、人気になるのもわかった。

ロビーではウエルカムドリンクもあり、ピアノの生演奏もあり、おしゃれなゲームもあり。夕食が早かったので、卓球やダーツもして、ゆっくり過ごせた。

暗くてぼけてしまったけど、夜食のそうめんもサービス。17時夕食だと夜お腹すくこともあるけど、さすがにたくさん食べていたので私は食べれず、れっくんが一人で食べた。暑くなってそうめんになったみたいだけど、その前のカレーうどんがおいしそうでちょっと食べてみたかったわ。

湯上がりはドリンクやアイスもサービスで、足湯があったり楽しめた。サウナとお風呂が別というこれまた面倒なつくりなんだけど、そのせいもあり貸し切り状態でゆっくりサウナにも入れた。

朝ごはんはのっけ丼。朝から贅沢。この朝ごはんはすごくよかったけど、夕食は以前行った同じ系列の大江戸温泉物語 ホテルレオマの森の方がよかったかなって。出来たてがどんどん出てきて温かいものが多かったイメージ。夕食写真もないけどその日のダイアリー。ただ席は狭く、隣の人と近い状態で落ち着いて食べるという感じではないけど。その点TAOYA志摩は、高級感もありつつって感じでゆったり。

このかぼちゃのオブジェが売店に売っていて、かわいかったけど、お値段みてびっくり。手のひらサイズで2万超え。草間彌生 かぼちゃオブジェ 赤 2000円だったら買うのになーってくらい芸術のわからない私。写真だとちょっと毒毒しいけど、実物は小さいのでかわいいの。

翌日はおやつパークへ。続く

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク