11歳&8歳で水疱瘡&学芸会

 11月に入って二人が順番に水疱瘡(みずぼうそう)にかかってびっくり。4歳くらいまでになる子が多くて、大人になると大変な病気だけど、周りで流行っているわけでもなく。

 保育園では流行ったこともあったし、水疱瘡にかかったお友だちと接触していたこともあり、もう抗体ができているのかもって期待してた。3歳のときに水疱瘡になるかもって心配していたけどならず(その日のダイアリー)。

 予防接種は二人とも1歳半から2歳のときに1回接種済み。接種当時は予防接種しても2割はかかるっていうことだったのが、いつの間にか2回接種が推奨されていて、それを知ったのはれっくんが小学校入ったあとだったので、もう今さらどうしようかなって。ちなみにおたふくも2回接種になっていた。みくちゃんより半年くらい遅く生まれた子から、水疱瘡の予防接種の補助もでて、今の子は2回接種が定期接種として無料。今後は水疱瘡が流行るということもなくなるのかも。

 もう1回打つのどうしようかと思いつつ日がすぎていたら、かかっちゃった。れっくんは普段から、虫刺されをかきむしったり、お風呂入ると蕁麻疹が出たり、季節の変わり目は、ひじがかゆくなったり、湿疹とかよく出るタイプなので、最初はまさか水疱瘡と思わず。なんかできたーって見せられた時には、なんだろこれ、水疱瘡みたいにいっぱいって。病院いったら水疱瘡やってなかった?って聞かれて、えーこれがそうなんだーって。小さい子と接触した心当たりもなく、どこで拾ったのかもわからず。

 とりあえず3日学校休んでねって言われて泣いた・・。6年間皆勤をねらっていて、まだ1度も休んだこともなく、学級閉鎖のクラスになったこともなく、完全皆勤だったので。でも水疱瘡の場合は、感染症で出席停止のものなので、皆勤賞には響かないとのこと。インフルも出席停止なので、熱出すよりインフルの方がいいってやつね。

 もっと早く発見して病院に行っていればよかったけど、3連休中だったのもあり、まさか水疱瘡と思わず、行くのが遅くなってしまったので、湿疹は結構ひどくなちゃった。11歳という年齢的にも今後高熱が出たりひどくなるかもって言われたけど、熱は一度も出ないまま、薬飲んで眠いみたいでよく寝たけど、元気いっぱいだった。

 診断を受けた日を含め5日で治癒証明もらえた。3連休中にかかったので学校は3日休んだのみ。そしてみくちゃんもうつるかなって。かかってから72時間以内に予防接種を受けると防げる確率が高いけど、3連休だったのと、インフルの予防接種を打ったばかりだったので、日もあけなくてはいけなくて、72時間以内に打つことはできず。

 72時間過ぎてしまったけど打とうか悩んだのは、もしかかると学芸会にぶつかってしまうので、それを避けたくて。でも注射嫌いで、インフル打ったばかりで、水疱瘡打ったのに水疱瘡になったら、ちょっとかわいそうだなってことであきらめ。

 で結局うつってポツッと湿疹が2つ。れっくんの湿疹が出る2日前からちょうど14日後の事だった。ネットで調べてても、潜伏期間きっかり2週間って人多くて、ほんとすごいわ。兄弟の感染力はすざましいのね。菌がではじめにもううつっていたみたい。なので、予防接種打っても出たって最悪のケースになるところだった。れっくんのクラスの子にもうつっていたら、学芸会に休みで申し訳ないなって思っていたけど誰もならなかったみたいでよかった。

 みくちゃんは発見が早かったのもあり、5個くらいしか湿疹も出ず、最初にでた2つがひどかったくらいで、あとは赤くなってひいていったみたいな。なので学芸会前日までお休みで、当日はなんとか行けてよかった。その後もれっくんの方が断然ひどくて、跡が残るかなってところ。二人とも顔にはでなかったので何よりだけど。

 ちなみに二人とも一緒にインフルの予防接種を打って、れっくんは3日後に水疱瘡発症。この場合、水疱瘡の潜伏期間にインフルを打っているので、効果があまりないとのこと。水疱瘡の薬も飲むし。なので打ち直しに・・。でも水疱瘡がなおって1ヶ月後しか打てないので、12月に入ってから。みくちゃんは1回目は有効だけど、2回目がこれまた先に。時期が重なるとほんと大変。

 とりあえず水疱瘡は、もうこれでならないとわかったのでよかったかな。私も子供の頃にやっているので、接触しても平気だけど、もしやっていなかったら、恐怖でしかないし。だんなさまもはっきりとはわからないみたいだけど、かからなかったので、子供の頃にやっていたのか、抗体があるのかも。あとはおたふく。れっくんは休むの嫌なのでもう1回打ちたいっていうし、こちらも大人になってかかったら困るのでインフルが落ち着いたら打とうかなと。体調不良ではなかったけど、子供の病気は精神的に疲れるね。普段は二人とも熱出したりもしなくて、健康でなにより。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする