福井県立恐竜博物館&発掘体験

 この4年間夏休みは新幹線で単身先に行き、そこから旅行なんて贅沢な事をしていたものの、今年はそれがなくなり、どこへ行ったらいいのやらで、8月末に1泊2日で福井へ家族旅行。目的は芝政ワールドと恐竜博物館。

 福井県立恐竜博物館って有名なのね。全然知らなかった。朝早くいかないと駐車場がいっぱいになるとか、見るのに3時間とかかかる人もいるとか・・。6時半に出発して9時半前に到着。途中の道の駅にも動く大きな恐竜があったものの、高速&一般道ひたすら山の中で何もないまま。チケット売り場が混むとのことで、事前にコンビニ購入しようと思ったけどなかなかコンビニもなく。近づいてきてやっと町になってきてコンビニ購入。大人720円、子ども260円と良心的。

 8時半オープンで、結構人もいたけど、駐車場もチケット売り場もスムーズ。夏休み最終週の月曜日っていうのもあるかも。そして野外恐竜博物館の発掘体験バスツアーも事前に予約していたものの、13時しか取れず。9時半から博物館をみて、お昼を食べて13時からバスツアーの予定だったけど、そこまで博物館を見ていられるか不安だったので、当日空きがないか見に行ったら、10時の回がギリギリ空いていたので変更。博物館でお土産みて時間をつぶしツアーに参加。


 バスで20分くらいの発掘場に移動。許可証がないと入れない狭い山道で、かわいい道路標識も。


 実際の発掘場。暑い中作業中。3班に分かれて、発掘場や展示室を案内してもらって、私達は最後に発掘体験。すごく疲れたので最後でよかった。


実際の発掘場から持ってきた石がゴロゴロ。


 工具を使って石を割り、化石を探す。葉っぱや貝の化石がたくさんあるらしい。


写真だとわからないけど、光った黒い細いものが植物の化石とのこと。実物見て、これだよって教えてもらってもわからなかったり・・。化石といえば、そのままの形のものをイメージしてしまうけど、ほんの一部だけなので、割っても割ってもわからない。割るのも結構大変・・。落ちている石を見ているだけでいっぱいあるものの、暑いし楽しさがわからなかったり。30分くらいだけど、途中でもういいかななんて。持ち帰りもOKで、持って帰ってきたけど、どうしようかな。

 毎週の様に1日2回とか参加される方もいるそう。研究材料になるような発見は、名前を登録して回収され、後日博物館に名前と一緒に展示されたりするとのこと。


  2時間のツアーで、大人1200円、子ども600円。記念品ももらった。ちなみに別業者が経営しているバスにのらない発掘場も博物館のすぐ近くにあり。公式サイトみているだけではわからなかった。かつやま恐竜の森。看板もちゃんと出ていて行けばすぐわかるので、もしバスツアーの予約が取れなかったらこちらもいいかも。こちらは1時間発掘体験みたい。

 帰ってきて12時。博物館内のレストランは長蛇の列・・。博物館前にレストランとお土産やさんを建設予定みたい。とりあえず並ぶのをあきらめ館内を回る。


 私も博物館や美術館苦手だけど、子どももそこまで興味なく、触れるものには喜ぶけど、あっという間に終了・・。1時間かからなかった。それなら移動してソースカツ丼でも食べに行こうかと思ったら、これまたすぐとなりにあるかつやまディノパークという公園に行きたいと子どもが言うので、駐車場にある別経営の、レストランとはいえないスキー場の食堂みたいなところで食事。バスツアーの時に、そこでスタンプラリーができますよって言われたので、れっくんはスタンプラリーをやる気満々だったけど、いぜ行こうと思ったら有料だった。

 これまた恐竜博物館の公式サイトに載っていないので、近くにあるとは知らなかったし、暑くてその場で調べる気にもなれず、ただの公園だと思っていたら失敗。動く恐竜がいるらしいけど、恐竜博物館より高いし、バカバカしいのでやめて、駐車場横にあるアスレチックで遊んで退散。


 お土産に子どものお箸とペーパークラフト

抜き取って差し込むだけみたい。最近こういうクラフト流行りね。

 我が家は話の種にしかならなかったけど、恐竜好きな人にはとてもオススメ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする