工場見学 イチビキ&キーコーヒー

夏休みはスーパー主催の「親子で工場見学ご招待ツアー」がたくさんあるので、6月くらいからせっせと買い物して応募。今年は初めてアピタ主催のツアー当選。アピタは26コース×20組なので、520組も当選。でもなかなか当たらないのよね。

希望のツアーのメーカー2社分の対象商品を含めて購入したレシート1000円で1口応募。今年は3300口ぐらいの応募があったとのこと。すごい数だなって思ったけど確率でいうと6、7倍とのこと。私は毎年10口以上応募していて、今年は20口応募・・。やっぱりなかなか当たらないのよね。他にもドミーやフィール、オークワ等でもいろいろな懸賞があるので、夏休み前は効率よくスーパーをめぐり、今まで買ったことない商品のストックがいっぱいに・・。

 アピタで当選したコースは「イチビキ&キーコーヒー」。子供としては森永やヤマザキなどの食べられる馴染みのあるメーカーの方が分かりやすいので、そういうメーカーは倍率が高そう。名古屋駅発が多いなか、これだけ三河安城発だったので、応募数が少なかったのか、逆に三河の人が集中して多かったのかわからないけど、とりあえず当たってラッキー、三河安城の方が車でさっといけて便利だったのでこれまたラッキー。

 小学生対象なのでれっくんと二人で行くことが多く、去年はせっかく4名分を当てたのに、盲腸で入院して行けなかったみくちゃんと二人で。

 まずは豊川のイチビキ。工場は写真撮影不可で、撮影可能なところもネット上への写真のアップはしないでくださいとのこと。トラブルを防ぐためにはそれが一番よね。なので、それ以降もあまり写真を撮らず。

 味噌の大きな桶を見学して、味噌の事を勉強。赤味噌が一部の地域でしか食べられていないのは、戦国武将が一番栄養のある赤味噌を、他の地域に広めると他が強くなってしまうので、広まらないようにしたとのこと。へえーって。

 その後は味噌作り体験。


 2キロの味噌を仕込んできた。2ヶ月後に食べられるとのことで楽しみ。


 お土産ももらえてうれしい。


お昼は岡崎で。事前に子供は大人と同じかお子様ランチか選べて、お子様ランチに。とっても豪華でおいしかった。料理写真を撮らなかったので、これしかないけど。

 その後は春日井にあるキーコーヒーの工場へ。キーコーヒーって名前は知っているけど、コーヒーとしてはあまり馴染みがない感じだったけど、他の飲料メーカーの缶コーヒー用のコーヒーを扱っているとのことで、そちらもへえーって。

いろいろな産地のコーヒーを、フィルター使わずお湯を入れただけの、本来の試飲の方法で試飲。スプーンで音をたてて吸い込む方法をみせてもらったけど、プロの技って感じ。味の違いはわかるけど、何がどう違うのかは説明できないような。


 実際にドリップコーヒーの袋詰を体験できた。みんなで詰め放題みたいになって、12袋入りのところ倍くらい詰めてみたり。


 こちらもお土産たっぷり。一番うれしかったカフェオレベース。今回応募するために初めてこのカフェオレベースを買ったらとってもおいしかったので。カフェオレってコーヒーの味が薄く感じるけど、これはしっかり濃くておいしかった。私はボスのラテベースより好き。

 帰りのバスではビンゴ大会も。全員にもれなく商品もあり、イチビキのものをもらった。


 赤から1人前が4つで辛さも調整できるのがうれしい。子供はまだ辛さがだめみたいだから、一人お昼ごはんの時にでも食べようかなんて。

 
工場見学ってなかなか行けないし、大人もとても楽しくて、お土産もいっぱいもらえて大満足。お土産が重くて重くて、電車で帰る人は大変だななんて。

 毎年1件はバスツアーを当てているけど、今日は他にも2件バスツアーの当選連絡が来て今年はとってもラッキー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする