シンプルなかわいいシュガーケーキ

 少し前だけど、Rena*chanと一緒に久しぶりにシュガークラフトを習いに。憧れのROSEY先生に。デモンストレーションとして素敵なケーキを見てからミニケーキのデコレーション。

DSC_4746
 すごーく小さなケーキ。(中身はスチロールのダミーケーキ)。先生のサンプルが素敵だったのでそのままのデザインで。シンプルが苦手な私はいっぱいお花乗せたくなってしまうけど、あえて少なく我慢。

 デモの方のケーキは本当に素敵だったので再現したいなーと。今回のレッスンでは型や道具をたくさん使用。シュガークラフトはすごくたくさんの型や道具があり、すべて輸入品のため、扱っているお店も少なく1つ1つが高い・・。なのでアイシングクッキーの用なブームはこないと思うけど、でもそれらの型や道具を使うと、すごく簡単きれいに作る事ができるので、完成度の高い作品ができるかと。

 今回もROSEY先生が、簡単に豪華にと言われて、ため息をついている方もいて、確かに今回のデモのケーキを作るのに道具や型を1からそろえようとしたらかなりの金額だけど、私は持っているものも多かったのと、道具や型が大好きなのですごくうれしかった。

 シュガークラフトの道具や型の多さが、はまったきっかけのひとつ。もう15年くらい前、まだネットも普及してなかったころSugar Roomの麻美先生(熊本在住)に購入先を教えて頂いて、カタログを取り寄せた時の衝撃は今でもはっきり覚えている。当時電車通勤の会社員だったので、通勤中ずっとそのカタログを見て、こんなのもあるんだー、これを使ったらどうなるんだろう。でも実物を見ることができずに購入したものが多数なので、買ったけど一度も使ってないものも多かったり・・。

 その後ニコラスロッジシュガーアートギャラリーに通っていた時期もあり、いろいろな事が目からウロコ。技術的な事はもちろん、道具や型の使い方にも感動。20個セットの型の中の小さな小さな1個を使いますとか。今でもその1つ型はすごくよく使って、残りの型はほとんど使ったことがなかったり。

 最近、型をたくさん使用するレッスンを受けていなかったので、シュガーを習い始めた頃の衝撃を思い出して、またまたシュガークラフトを作りたい衝動でいっぱい。他にもシュガーアートに関する細かいところ、10年前の私だったら気づかないような事もいろいろ確認できて、勉強に。

 心残りはサインいただくために本を持参するの忘れてしまったこと。またお会いできる事を願って、次回の楽しみに。

 ROSEY先生の本。アイシングクッキーを作るのに、本を1冊持っていたいときにオススメ。↓

  ↓アイシングクッキーの事も、食べられるシュガーケーキも載っています。食べられるシュガーケーキは材料そろえたり作るのが少し大変だけど、シンプルなのにおしゃれで存在感のあるケーキがいっぱい。

 シュガークラフトに関する道具や型は、私の別サイトシュガークラフト.comをみてくださいね。

 そして来月新しいシュガーアートやアイシングクッキーの本がいろいろ発売に。すごく楽しみ。

はじめてのシュガーアート お砂糖でつくるかわいいお菓子のデコレーション

 これを機にシュガーアートブームが来るといいなー。

 それからJill先生のアイシングクッキー レッスンBOOKも楽しみ。

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス