コンテストのお知らせ・シュガー&アイシング

 夏のシュガークラフト&アイシングクッキーコンテストお知らせ2つ。京都と東京。

 まずは東京シュガーアート様主催
京都シュガーアートエキスポ2014 詳しくはこちら

8月2日土曜日10時から17時 3日日曜日10時から15時
みやこめっせ美術工芸ギャラリー

t02200293_0480064012981688748

 作品展とコンテストで入場無料。

 コンテストはミニウェディングケーキ部門(経験2年未満のビギナー部門とオープン部門あり)、そしてアイシングクッキー部門が今年から新設。エントリー期限は7月15日ですが、かなり集まってきていて数で締め切るのでお早めにとのこと。私が出展するときはいつも締め切り日にエントリーしちゃう人ですが、どうしましょ。

t02200220_0227022712981688747
 これは私が2009年のミニウエディングケーキコンテストに出展したもの。懐かしい。第1回だったのでどんな感じかわからず、ケーキのサイズも規定で決まっていたので(今はオープン部門は自由)目立つように下から大・小・中とケーキを積み上げてみた。

 タイトルは「Wedding Fighter ~花嫁の努力~

 花嫁が結婚式のために、ダイエット等の努力をするというもの。一番下のケーキには食べてはいけない、ピザやハンバーガー、パフェなどに☓付き。そしてバナナを食べたり、ダンベルで汗を流したり、パックをする花嫁。小さいケーキにはマイナス5キロの目標も。一番上のケーキの側面には、料理などの花嫁修業のスナップ写真。そしてトップは、式当日我慢できずにケーキを食べる花嫁。ウエディングケーキというかなんというかという作品だけど、コンテストではインパクト勝負な私。

 みくちゃんがまだ生後3ヶ月くらいのときだったので、家にいる時間も多くできたものの、今となっては夏休みに突入してしまうし、ほんとどうしましょ。

 このコンテストの時に神戸に見に行ったときにお会いして以来だった、仁井先生に今月もシュガーケーキ教えていただいた。

t02200293_0480064012981688749
 食べられる3段ミニケーキ。今回もRena*chanと行ってきたよ。

 コンテストの話に戻り、経験2年未満の方のビギナー部門は、3段のケーキのサイズも決まっていて、この規定のダミーケーキ、私もよく使用。

P1070093
 生徒さんの作品。結婚式での両親贈呈用に作られたもの。ダミーケーキの在庫もあるので、必要な方はお知らせください。レッスンでコンテスト用に作ってみたいという方はご相談ください。

 新設のアイシングクッキー部門。どんな作品が並ぶのか楽し(見に行けるかも未定・・)

t02200165_0425031912981699392
 こちらは別の方の主催のコンテストだけど、3年ほど前アイシングクッキーのコンテストに出品したもの。規定がA4サイズだったので、少し小さめの焼き魚定食。ご飯・お味噌汁・魚・お茶がアイシングクッキーでできているの。今回はテーマが「ありがとう」ということなので、悩むわ。

 過去のミニコンテストの私の出品記録については、こちらのページを見てね。

 そしてもう一つのコンテスト情報

 日本シュガーアート様主催 第8回シュガーアートコンペティション
 8月16日土曜日10時から17時半 17日日曜日10時から16時
 入場料必要

 ホテルメトロポリタン エドモント
本館2階「万里」

 東京都千代田区飯田橋三丁目10番8号

 東京単身赴任中ならと去年も思っていたものの、お盆という時期もあって行けず・・。残念。

t02200220_0567056712981711810

 2011年第5回は名古屋で行われたので、出品。秋が規定テーマで「シュガークラフトテクニック」というタイトルで、シュガーの技法を紹介。詳しくはこちらのページをみてね。

 以前は東京まで作品持って2泊3日で行ったりも。

t02200294_0240032112981714491

 画像が悪くて見えないけど、この「ケーキカレンダー」にいたってはもう11年も前。今でもきれいに飾り中。シュガークラフトは食べられる素材を使っているとはいえ長期保管が可能。詳しい作品紹介はこちらのページ

 コンテストに出展すると、いろいろ勉強になり、とてもいい経験になり、出してよかったなーって。以前は資格やコンテストにこだわっていたものの、子供が生まれてからは環境や考えも変わってきたかも。

 れっくんが生まれた時、これから自分のやりたいペースではできないと思うけど、小学1年生になるまでは土台作りだと思ってのんびりがんばろうって思って、その時は新居の事も何も決まっていなかったけど、去年1年生になったときに、引っ越し&新規オープン。それ以前に1歳の頃からウィルトンインストラクターをしていたので、意外と子供がいてもできるんだなーと実感する面もあり。休めないので子供が病気になったらというのが一番困るところ。うちの子すごく丈夫なのでできたことではあり、ちょこちょこ熱を出したりしていたら続けられなかったと思うわ。

 みくちゃんがあと2年で小学生。もう少しのんびりしてようかなと思っていたけど、来年度から新しいお話をいただいて夏から始動予定。さてコンテストはほんとどうしましょ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク