食品衛生責任者養成講習会

 漢字ばっかりのタイトル・・。このあとも漢字ばかりだけど、「食品衛生責任者」になるための講習会を受けてきた。食品を扱う営業を行う場合、店舗ごとに「食品衛生責任者」が必要で、新居で菓子製造業の許可を取るため、この資格は必須。でも1日講習で誰でも受けられ、もらえるというもの。

 講習会の受講は、場所の許可申請の後になってもいいとのことだったけど、豊田に引っ越す前に取りたかった。今なら会場も近いし、9時から16時って時間が二人とも保育園なので普通に行けるし。豊田だと会場も遠いし、れっくんも学校から帰って来ちゃうし、みくちゃんの送り迎えも間に合わない。こういうときに頼める親が隣にいるからできなくはないけど、半年に1回とかしか開催されないし、引っ越し後二人の状況もわからないし、大垣で行ければいいなって1年以上前から考えてた。

 愛知県で取った知り合いは、自分の市の開催日に都合が悪かったから、他の市に受けに行ったわって言っていたし、豊田市も全国どこで受けてきてもいいですよって言ってたし、調べてみたら、当日申し込みOKだったり、申込書は置いてありますのでご希望の方はって市町村もあり。

 でもでも岐阜県は厳しくて。まあ厳しくて。

 大垣市は9月と2月だったけど、9月は半年前から決まっていた、産婦人科でのシュガークラフトレッスンの日と重なり行けず。大野町で10月にあるからと思って聞いてみたら、大垣市でどうしても受けられないという保健所からの紹介状みたいなものが必要とのこと。岐阜市は年4回開催されているからと思って電話したら、岐阜市に店舗がないならと話も聞いてもらえなかった。

 で大垣に聞いてみたら、大垣に店舗がないとダメって。新規店舗の人は、場所の許可申請を出した時にしか申込書ももらえないらしい。ダメって言われるとは思ってなくてびっくり。ネットで調べていたら「誰でも取れる公的資格ですよ」なんてオススメしている人もいれば「お店の予定はないけど、勉強のために」っていう人もいたし、「店舗で1人いればいいけど、私も受講した」って人もいたのに。

 自営業のKちゃんも勉強のために受けたいって言って聞いてみたけど、「すでに1人いるところはダメ」って。この厳しさ岐阜県独自??

 豊田で受ければいいだけで、私の都合でわがままなんだけど、引っ越しするのでってちょっと粘ってみたら、じゃあ特別にって。ありがとうございます!料金も市町村によって違うみたい。岐阜県は5000円だけど、1万円のところもあった。

 1日講習とはいえ、結構休憩も長く、お昼休みも1時間もあったのですごく疲れるかと思ったらそうでもなく。食中毒の事が大半だったけど、きちんと話を聞いたりしたこともなかったので、いろいろ勉強になったわ。個人的には原材料等の表記の事が知りたくて、その中で今日の一番のへえーは、東京の超有名お土産が、岐阜県美濃加茂市で作られていたということ。それを表記するときは製造者ではなく、販売者で書いてもOKという話。ディズニーランドのお土産品とかもそうね。販売者がディズニーリゾートで、製造者はわからない。私が作ったアイシングクッキーがディズニーランドで販売されても私が作ったってわからないってことね。まあそんなことはないけど。

DSC_2012.JPG
 最後に修了証と「食品衛生責任者設置」の店というプレートをもらった。あとは引っ越してから場所の許可申請をして許可がおりればOKだけど、もしダメだったらどうしましょ。ちょっと心配。 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク