Cakes to Fall in Love with(洋書の紹介)

 去年買ってうっとりしながら見て、そのまま大切にしまい込んで紹介するのが遅くなっちゃった。

DSC_0156.JPG
Cakes to Fall in Love with

 著者はイギリス在住の日本人の方。日本語だとうれしいけど英語・・。著者の方のブログは日本語で、ウエディングケーキの制作をされているんだけど、とーっても素敵。イギリスのウエディングスタイルも見ることができて、異文化を楽しむこともできる。

 球体の手鞠ケーキがとても素敵なんだけど、イギリスだから、日本みたいに発泡スチロールのダミーケーキじゃなくて、マジパンとシュガーペーストでおおったちゃんと食べれるケーキが入っているんだけど、えっこんなにきれいなのに本当に食べれるケーキなの??食べるのもったいない!!って思う。この本にはその手鞠ケーキの作り方が載っていて、1こ1ここんな風に作っているのねー、想像はしていたけど、とっても大変そう。

 食べるケーキなので、日本のシュガーのケーキに比べたら飾りはシンプルだけど、参考になるものがいっぱい。コサージュの作り方も載っていて、私が今まで見てきたシュガーの本の中でこの作り方を見たのは初めて。いつものことながらあれこれ作りたいと思いつつ本ばかり増えていく。

 この本アマゾンで、もちろん新品、送料無料で1712円。ハードカバーでオールカラーで分厚くて重いのにこの値段で買えるなんて。日本の本が高いのかなんなんだろう。

 ケーキの分量も細かく載っているし、フルーツケーキだけじゃなく、スポンジケーキやジャムの分量もあり。バナナやキャロットケーキなどお菓子作り好きな人にもオススメ。英語だけど。

Cakes to Fall in Love with

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス