Yくんと過ごす夏休み 第一弾

 お引っ越ししてしまったYくんが夏休みで大垣滞在だったので、遊べる限り一緒に遊んだり、晩ご飯一緒に食べたり。最終日の今日は保育園をさぼって遊んだけど、めっちゃ朝早く起きたれっくん。Yくん達は早起きなので、早く起きれば遊べるって言ってたんだけど、そういう日は起きれるのねって感心。起こされて遊ぶって言うので着替えたらねって言ったら、もう着替えてた。びっくり!

 あかちゃんの頃からずっと一緒に成長してきて、毎日ずっとずっと一緒にいたのに、遠くに離れてしまって。5月に再会したあとは、しばらく名前も言わず、もう忘れちゃったのかなって私が寂しく思っていたけど、来るよって言ってからは毎日のようにYくんYくんって。

 今日は朝から遊んで、一緒にランチにいって、ずっとじゃれ合ってた。相性が合うというか、ずっとずっと仲良く遊んでいられるので、安心して見ていられるし、もうずっとそばにいて欲しいよーって思う。れっくんもYくんの隣に引っ越すって言ってるし。帰る時は、れっくんが涙なみだで・・。

 来月はYくん家にお泊まりに行く計画を立てたので、また遊べるよって言っても、まだ遊びたかったって。昨日は雨が降って花火ができなかったし、今日は天気もいまいちでプールができなかったし、まだ一緒にやりたいこといっぱいあったのにって。なだめてなだめて見えなくなるまで手を振って・・。そういうお友達を思う気持ち、経験できてよかったなって思う。

 「物より思い出」というけど、家族だけではできないお友達との思い出を大切にしてあげたい。Yくんみたいなお友達ともっともっと出会いがあるといいな。今は男の子ばかりに囲まれているみくちゃんにも、女の子のお友達を作りたいし。入園後なかなか会えなくなったお友達ともっと遊びたいんだけど、保育園は夏休みがないのでなかなか。長い休みも困るしなんて、わがままな私。自営業?自由業??をいいことに、たまにさぼっちゃうけど、それでも幼少期にいい影響を与えることができるなら、その分深夜仕事が増えてもがんばれるかな。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク