サロネーゼになりませんか?

 GW中に実家でじっくり何度も読んだ本。サロネーゼになりませんか?-キッチンから幸せになる おいしい生き方・暮らし方 (祥伝社ムック)

110509_223039.JPG
 サロンって言ったら、エステ?セレブ?って思うのがまだまだ一般的な気もするけど、サロネーゼとはざっくり言うと自宅教室主催者やサロン経営者かな。私もサロネーゼ??いやいや子連れだし、「サロン」って敷居の高い感じがするし、とても言えないわ。

 料理の方がほとんどだけど、スーパーサロネーゼの方々が、紹介されていて、インテリアや教室風景の写真もいっぱい。テーブルセッティングとか素敵すぎて私の知らない世界って感じ。サロネーゼというより、セレブにしか見えないし。

 今独身OLだったら、通いたいなって思ったかもしれないけど、なんかやっぱり敷居が高い感じ。名古屋駅勤務だったのもあり、習い事に不便はなく、個人宅の教室に通うなんて縁がなかった。もう10年一昔ってくらい前の話だし、その頃は個人教室も少なかっただろうし、実際本の巻末にサロンがたくさん載っているんだけど、東京ってすごいわって思う反面、東海地区はまだまだ少ないし。

 実際にサロネーゼの方のアンケートを元に構成されているので、体験談がいっぱい。サロネーゼの始め方をジャンル別に紹介してあって、その中にシュガークラフトも。お知り合いのシュガラーさん、もうシュガラーなんて言うのが失礼ね。輝いてましたわ。お道具紹介のコーナーでは、役立つキッチングッズが写真とともにたくさん紹介されているし、収納やアイディアもいっぱい見ることができる。


 知らなかったまぜ卵という道具。白身がきれいに混ざるとのこと。へえー。でも刃がついているので、ちょっと危ないかな。お鍋や調味料まで参考になるものがいっぱい。あとエプロンもいっぱい載ってた。


 これ欲しい!と思った肩ひものないエプロン。こんなのあるんだーってほんと見ているだけで楽しい本。

 そしてサロネーゼ白書なども。きっかけは?とか、やっておけばよかったと思うことは?とか。友達に教えてといわれというきっかけをよく聞くけど、私のきっかけは、友達が欲しかったから。友達も全くいない岐阜県に住んで、子供のいない専業主婦って全く出会いがない。その頃は「シュガークラフトをみんな知らないだけで、見たらきっとみんな作りたくなる!」って大きな勘違いもしていたので、教室をすれば出会いがある!なんて。

 今思えばなんて考えって思うけど、パソコンが家にない人の方がたぶん多かった頃にホームページを立ち上げたので、何かを探している!って人に見つけてもらえて、そこから輪が広がって、本当に友達作りができた。今だったらネットも普及しているし、また違った形になったと思うし、情報が多いので、あれこれ調べすぎてこんな見切り発車できなかったかも。

 自分で大垣で市が主催のカルチャーにいくつか通ったけど、年配の方がほとんどで友達を作りたいなんて思惑ははずれ・・。それこそネットでの情報なんてなかったし。

 本の話に戻ってサロンとして、子供の生活感を消すなんてのもあったけど、私は子連れなので、それをしたいと思ってもできず。あとはトラブル事例があったらよかったのになーって。トラブルを避けるためのルールに関しては書いてあったけど。私がトラブルにあったとかじゃなく、何百人と多くの生徒をかかえると思いがけないトラブルがあるのかなーって興味があったので。

 子供連れ可だけどルールとして「何かあった場合は弁償してもらいます」っていうのも。友達ともそんな話したことないけど、友達の家でも、子供が何か壊したりしたら、弁償するなり代替えするなり対処するつもり。親として、子供に対する責任として、だれもが持ち合わせていると思う。子供に限らず自分自身が、カップを割ったりって事だってあると思うし。

 だから教室という環境でそう書いてあってももちろんだと思うけど、通う立場となれば、子連れ可でも「弁償」や「何かあっても責任取りません」って書いてあると、冷静になって、わざわざ子連れでいかなくても自分が我慢すればいいわって思ってしまう。もっといえば、実際子連れは迷惑なのかなって思ったりも。なので私は書いてないけど、じゃあ実際何かあったときどうするんだといわれると難しい問題。子供は思いがけない行動するし、ルールとして必要なのかなって。

 まあとりあえず今は自分も子連れだし、ママも含めいろんな人に出会いたいし、子連れってそうなの?って想像以上の事があるかもしれないけど、このままでやっていくつもり。私の実家はとにかくいつも人が来ていて、おしゃべりしていたので、私もそういうのが理想。

 ずっと前から3ヶ年計画なんていろいろ考ていて、近い将来新しい「Sugar Heart」ができたらいいなって。この本を見てさらに夢はふくらんだし、そのときはサロネーゼなんて言えるかな。でももうちょっとくだけた言い方があるといいな。 おうちスクール、おうち教室なんていいかなって思って調べてみたら、いっぱいあった。自宅教室よりやわらかい感じでいいかも。

アマゾンで購入→サロネーゼになりませんか?-キッチンから幸せになる おいしい生き方・暮らし方 (祥伝社ムック)

楽天で購入→【送料無料選択可!】サロネーゼになりませんか? キッチンから幸せになるおいしい生き方・暮ら…

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. なっち より:

    今朝、すっきりでサロネーゼの特集をやってて、それをみてすぐにくみこさんを思い出したよ。
    私は会社員として働くことにこだわりってなくて、むしろ上の子が小学生になったら今のままは嫌だなとも思っていて。
    普通の人は、子どもに手がかからなくなるタイミングでフルタイムで働き始めたりするのかもだけど。。
    だから、サロネーゼってのにすごく興味はわいたかな。
    自分にできることややってて楽しいことが何かって考えてみたい。

  2. kumiko より:

    特集見たかったなー。
    OL時代は結構重要な責任ある仕事を
    させてもらっていたけど、今後就職
    したところで、そういう仕事ができるとは
    限らないし、ましてや正社員なんて
    難しいし、だったらもっと違うことを
    したいなって。
    いろいろな仕事や子育ての形があるし、
    自分も家族も一番いい方法がみつかるといいよね。