ヒブ・肺炎球菌・子宮頸がん・予防接種が無料に

 2011年3月・接種が一時見合わせになりました。今後の情報に注意してください。

 子育て日本一を目指す大垣市!2月1日よりヒブ・肺炎球菌・子宮頸がんの予防接種が無料に!!ここまで補助してくれる市町村は少ないし、すごいなー。今までは平成21年4月生まれからヒブ3千円補助だったのが、一気にアップしたし、年齢も2か月~5歳未満にアップ。子宮頸がんは小学6年生~中学3年生の女の子対象。ちなみに接種は任意。

 ヒブや肺炎球菌は最大4回の接種。ヒブが7千円、肺炎球菌が1万円だったので、一人当たり最大6万8千円の補助に。とってもありがたいわ。

 みくちゃんは、ヒブがすごい話題&補助がでるようになったもあって、何ヶ月待ちにもなるほど予約が取れず、スタートが遅れたので3回の接種。3回目が今月で、先月予約した時に、無料になる予定と病院で聞いたのでラッキーって。一緒に肺炎球菌の2回目も予約したんだけど、あとから友達から肺炎球菌も無料になるって噂を聞いてさらにラッキー。

 で、ヒブと肺炎球菌を無料で接種してきた。本来なら1万4千円の負担だったのでうれし限り。肺炎球菌はもっと早く打つ予定が、熱性けいれんで時期をあけなくてはいけなくて、インフルエンザ等を優先していたら遅くなったんだけど、いいタイミングでできたわって。

 5歳未満とのことで、れっくんも該当だけど、去年接種済み。無料になるならもっと遅くすればって思う事もあるけど、それまでに病気にかからないとは言えないし、まあそれはそれで安心料。

 以前予防接種の料金が6万円越えって記事を書いたんだけど、そこからだいぶ安くなった。

 インフルエンザも新型が入るようになり無料になったので3000円×2回×2人分、ヒブ4000円(以前は3000円補助)、肺炎球菌1万円。合計2万6千円も。

 みくちゃんはあとおたふくとみずぼうそうを1万円で打って、予防接種ラッシュもひとまず終了。以前からある任意&自己負担のおたふくやみずぼうそうはそのままで、新しくワクチンができたヒブや肺炎球菌に補助がでるくらいだし、重要なものってことよね。ヒブや肺炎球菌はざっくりだけど髄膜炎予防。日本は予防接種が遅れているし、将来的にはすべて公費負担で定期接種になるのかも。

 広報に載っていたけど、病院に行ったらヒブと肺炎球菌を打ちに来ていた人が、知らなかったーって。今後口コミ等で広がってまたワクチン不足になったりするのかな。該当する年齢のお子さんがいる方はお早めに。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク