熱性けいれん 入院編

 外来の点滴室で3時間近く過ごしたけど、最初の1時間は泣き、1時間寝て、また30分ぐずった。また寝たので、寝ている間に電話をかけに。その後寝ているみくちゃんを抱っこした私は、車椅子で病棟へ運ばれた。車椅子乗るのも初めてかも。いろいろ説明を受けて、部屋へ移動。

P1040585.jpg
 転落防止の柵のあるベッドでみくちゃんはお昼寝。私は家族に連絡したり、売店で飲み物とか買いに。みくちゃんの好きな野菜ジュースとかも買ってきた。なかなか起きないのでヒマだったりして。

 起きたらグズグズ。野菜ジュースも全く飲まないし、お菓子も食べず、抱っこしてても反るし。

nyu4.jpg
 夕食も全く食べず。入院中ご飯はほとんど食べなかったので、私が食べた。夜だんなさまに来てもらって、泣いていたけど一度帰って必要なものをそろえて病院に。この日は寝ているかぐずっているかだったわ。

 夜21時には寝ちゃったみくちゃん。私も添い寝で寝ていたら、ぐっすり寝てしまってた。もう朝方かなって思ったらまだ午前1時。そこから結局眠れず。寝相が悪いし、熱のせいか熟睡できないみたいでさらに動くので、点滴の管がからまるし。この日の夜は長かった・・。

 入院2日目金曜日。熱は下がって一安心。もし熱が下がらなかったら他の検査をすると言われていたし。同じ病室の男の子3歳も熱性けいれんで、この日退院してしまったけど、一緒にご飯食べたり遊んだり楽しく過ごせた。みくちゃんはれっくんちょっと変わったのかしら??って感じだったかも。でもご飯もお菓子も飲み物もほとんど受け付けず。

 午前中お昼寝をしたので、私は付き添い者用のお風呂に。予約制で貸し切りで入れるし、気持ちよかった。交代で家に帰ったりするの大変だから助かるわって。

P1040572.jpg
 午後から一緒にお昼寝していたら、ホスピタルクラウンがきて、バルーンアートを作ってくれた。入院中の子供を元気づけるホスピタルクラウン。よくテレビでは見ていたけど、ほんとに楽しい雰囲気を運んできてくれた感じがした。でも寝起きだったのもあり、みくちゃんは怖かったのかすごく泣いた・・。

nyu2.jpg
 その後元気が出てきたけど、うごけないストレスもあって、グズグズ。夜れっくんに来てもらってちょっと落ち着いたかな。この日は4人部屋だけど私たちだけで貸し切り。また21時に寝ちゃった。みくちゃんが寝たあとに、洗い物や片づけをして私もすぐに寝ちゃったので、5時には目が覚めちゃった。

P1040579.jpg
 入院3日目土曜日。寝ている間にしか買いにいけないコーヒーと、談話室にあったコナン君を読んでまったり。景色は別にどうってことないけど、だんなさまが買ってきてくれたスイーツオブオレゴンを食べて、意外と入院生活快適だわって。

 午前中また寝たので、お風呂はいろって思ったら、この日は土曜日で、土日祝はダメとのこと。この土日、れっくん達はだんなさまの実家に帰ることにしたので、変わってもらう時間はなくあきらめ。クーラー効いたとこにいるからまだいいんだけどちょっとショックだったわ。

 お昼ご飯持参でれっくんたちが来てくれたので、一緒に食べて少し遊んで帰っていった。でも相変わらずみくちゃんは食べず。

nyu3.jpg
 もうすっかり元気なので、歩きたくてしかたなく、朝から廊下や談話室をウロウロ。入院中何往復したことやら。同じ様に退屈している子と仲良くなったり、ママと話をしたり、私も気が紛れたけど、点滴がつながているので、追いかけるのが大変。人見知りだから看護師さんとか、寄ってくるとピタっと止まって後退り。なのに男性は平気なので、談話室にいる男性に次々本を渡しにいったり・・。

 午後から母が電車&バスで来てくれて、おやつをいろいろ持ってきてくれた。みくちゃんは人見知りが強くなって、抱っこも少しの間ならいいけど、すぐに私に戻ってくるし。ウロウロしたのもあって、20時には寝てくれたので、また私も一緒に寝ちゃった。みくちゃんの食事を食べ、早寝早起きで、超健康的。

 入院4日目日曜日。4時に起きて、髪の毛だけ洗ってちょっとすっきり。この日も母が、私がリクエストしたカツサンドを持って来てくれた。病院食、お肉がなくてね・・。子供用は離乳食と幼児食と2種類なので、みくちゃんは幼児食なんだけど味もしっかりついていて、ご飯も大人分あるし、まあ満足。みくちゃんはまだ食べさせてない様な味の濃いものを少し食べるだけ。みくちゃんが寝ている間しか身動きとれなかったし、売店は別の階でみくちゃん連れていけないし、毎食用意するのは大変だったので、それが食べれてよかった。

 みくちゃんはなんだか元気がなく、昨日の方が元気だったわって。やっぱりストレスかな。ママべったりになってしまったし。

 前日夜入院してきた子が、なんとお知り合い。こんなとこで会うなんてね。退院まで一緒にご飯食べたり、遊んだり、話をしたりすごく楽しい入院生活だったわ。他にも二人入院してきて、最後は4人部屋満室だったけど、カーテンもオープンで楽しい部屋だった。入院中はそれぞれカーテン締めてピリピリしているイメージだったけど、私はにぎやかなのが好きだったのでよかったわ。

 入院5日目月曜日。退院前日ということで、点滴をはずしてもらえたけど、はずすときにつけるときを思い出したのか大泣き。でもはずれてからは自由に動ける様になって、生き生きしてた。でもものすごくよく転んだ。体力が落ちているのかも。祝日だったので、だんなさまとれっくんに来てもらって、みくちゃんが寝ている間に私とれっくんで家に帰り、お風呂に入りすぐまた病院へ。その後も廊下や談話室をウロウロしたり、部屋で他の子と遊んだり、1日は長いし、もう元気だし、時間を消化した感じ。水分もやっと取れる様になってきた。

 入院6日目火曜日。夜21時に一緒に寝てしまって気が付いたら6時。ほんとよく寝たわ。疲れているわけでもないのに。みくちゃんは点滴でつながれていなのに私のそばから離れない。一番元気がない感じで少し心配。午前中また昼寝をしたので、その間に片づけて、精算。乳児医療で基本的には無料だけど、食事代の一部負担金が発生。1日数百円だし負担にならず。みんなにお別れをしてタクシーで自宅へ。タクシーに乗っている時に、声を出して笑って、あーこの子声出して笑うんだった、すっかり忘れていたわって思うほど、入院中は笑わなかったし、他の人にはニコリともしなかった。

 家に帰ってきたらちょうどお昼で、ものすごく空腹感。病院にいるときはお腹がすくって感じもあまりなかったし、やっぱり非日常だったみたい。みくちゃんもこの日の夜からよく食べる様になった。

 子供の入院を経験した友達が、自分が体調を崩してつらそうだったので、それを気をつけようと思っていたけど、夜はよく寝れて、夜中に入院してきた人がいたことすら気が付かなかったくらいで、大丈夫だった。そもそもみくちゃんの病状も軽かったし、話をしたり気分転換もできたので、いい思い出になったかなって。続く

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク