シュガークラフトグランプリの感想 その2

 写真がない日は、さみしく感じるけど、携帯カメラで今日は取り忘れたので・・。今日の小学生(低学年)の子たちは、ドラマ「いま、会いにゆきます」のドラマの話をしながら、「今日の夜は、戦争のドラマやるよ」なんて言うし、びっくりするやら感心するやら。子供教室をやるようになって、今時の子供事情に少し詳しくなった私・・・。

 写真がないので、さかのぼってクランプリの話。作品は、ただいまわが家でお邪魔虫扱い・・。ダイニングテーブル(シュガー専用)にデーンと置いておいて、お客さんがきたらリビングテーブルへ移動。

 そもそも作品を作るときに、飾り棚に入る大きさで作ろう!ってことにした。シュガー専用のハート型のダミーケーキとボードを使って、ちょうどいいサイズに。一応3段のケーキなんだけど、搬入2日前には、一番下のケーキを撤去して2段にしようか悩んでいた。なぜなら間に合いそうになかったから・・。でもそれでは小さすぎるしと思い直し、がんばって3段にすることに。

 搬入前日、ダミーケーキにカバーリング。そうしたら、底の部分のボードがとっても小さくて変。これはやばいと思って、ホームセンターに行き、発泡スチロールを購入。私がすっぽり隠れることのできるような、大きなサイズの発砲スチロールしかなくて、少しだけでいいのでと残りは処分してもらった。

 この際だから、今まで何となく買いそびれていた発泡スチロールカッターを買おうと思ったら、夏休みの時期だし、なんと売り切れ。他のお店を探す余裕もなく、カッターナイフでハート型にカット。意外と上手にできた。

 これにより、バランスのいいケーキができた訳だけど、これが原因で飾り棚に入らなくなってしまった。さてどうしよう。ケースを買って入れても邪魔になるし、そもそもカバーリングして、すぐに組立てしまったので、まだ乾いてないだろうし、ケースに入れるに入れられない。しばらく移動させる日々かな。

 前日にカバーリングしているくらいだし、サイズ変更もしてる訳だから、当然間に合う訳がなく、徹夜で作業。せっかく作った搬入ダンボールも作り直し。そして搬入の朝、だんなさまの出勤時間にあわせて、駅まで送ってもらうことにしていて、だんなさまが搬入ダンボールの入った大きな手提げ袋を持ったら、ガタン!!と持ち手がはずれて落下。あちこち破損。

 「わーどうしよー、どうしよー」って言いながら拾い集めていたんだけど、手がふるえるし、パニック。だんなさまも責任を感じて「会社休もうか?」なんて言ってくれたけど、休んだところで、東京まで車で行けるわけじゃないし、今さらどうしようもないので、新幹線の中で作ろうと決意。ホームメイドのK先生は、新幹線や飛行機の中でいつも作っているとのことだったし、なんとかなるかなと思って。

 新幹線の1番前の席をとったんだけど、1列誰もいなくてラッキー。無心で作成。そして会場に着く前に、また今度は持ち手が切れて落下。2回目ということもあり冷静。やっぱりだんなさまに、カート付きのスーパーダンボールを作ってもらえばよかったとちょっと後悔。

 会場の準備室で修正。意外となんとかなるもんだなんて、結構開き直り。いつものごとく、搬入時間いっぱいにセッティング。ほっと一息。

 そのあとは、サロン・ド・ラーレのさわさんとランチ。すっごいお腹は空いているのに、寝ていないからか、全く食べれず。やっぱり睡眠は大事よねなんて。

 そのあとさわさんと別れ舞浜駅へ。グランプリ会場でもいろんな人に「ディズニー行って来た?」なんて聞かれたけど、ちゃっかり行って来た。イクスピアリと駅のお土産やさんだけだけど、ディズニーに行った気分。2時間くらいしかなかったけど、一通り見ることができて大満足。もっと近かったら本当にいいのに。

 そのあと東京の友達と合流して久々の秘密会議?!私が東京にシュガーで通うようになって4年。この1年は全くいけなかったので、1年ぶりの東京。去年こんな話していたのに、あれからもう1年!!なんて本当に不思議。また来年、「あれから1年」なんて語ろうかな。「あれから40年!」ってきみまろトランスみたいに、何十年になるときもくるのかな。

 かなり長い時間過ごして、お店を出てから受賞の留守電に気が付いたけど23時半。明日の楽しみにすることに。それから宿泊させてもらう友達の家で、少し喋って2時就寝。50時間起きていたことになる。過去最高新記録。これだけ気が張ってないと無理なことかも。

 続きはまた今度

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク